20代のセフレに裸エプロンをさせて料理しながらキッチンセックスしたエロ体験【エッチな体験談】

私は、出会い系サイトで知り合ったセフレの涼子(26歳)がいるのですが、

先日、彼女が私の部屋に遊びに来てくれました。

その時、彼女は、何と、裸エプロンで料理を作ってくれたのです。

裸エプロンは、前から私がして欲しいと要望していたので、

それを実現させてくれたのです。

彼女は、お風呂場に行き、裸エプロンに着替えて、私の前に現れました。

[adrotate group=”1″]

恥かしそうにする彼女に私は、『後ろを向いて。』と指示し、

後ろに向かせると、お尻が丸見えで、興奮する私。

その後、彼女は、料理を作り始めたので、

その様子を見ていたのですが、我慢できなくなった私は、

彼女に襲い掛かったのです。

エプロンの中に手を入れ、Eカップのおっぱいを触ったり、

股間に手を伸ばし、お○んこの中に指を入れたり。

すると、彼女は、『いやん。止めて。』と言っていましたが、

お○んこの中は、愛液でグジョグジョでした。

彼女は、私の攻撃に耐えながら、なんとかカレーを作ってくれました。

彼女が作ったカレーは、とても美味しくて、

おかわりしてしまいました。

彼女は、私がおかわりしたのがとても嬉しかったみたいで、

私がカレーを食べていたら、

テーブルの下にもぐり、ズボンとパンツを下ろし、

フェラをしてくれたのです。

彼女のフェラは、まったり系で、とっても気持ちがいいのです。

そのフェラをしながら、カレーを食べていましたが、

カレーよりも彼女を食べたくなり、

急いで、カレーを食べると、

彼女をベッドに連れていき、

ビンビンのお○んぽを彼女のお○んこに入れたのです。

彼女は、いきなりの挿入にびっくりしていましたが、

徐々に感じ始め、『ああ、いいい。』と言って、感じていました。

そして、裸エプロン姿のまま背面座位の体勢にして、

後ろからおっぱいを触りまくりながら、

腰を動かすと、彼女は、『あん。あん。』と言って、

感じまくっていました。

その時、彼女を振り向かせ、キスをすると、カレーの匂いがしていました。

その後、一旦お○んぽを抜いて、彼女のお○んこを舐めてあげました。

すると、彼女は、『やっぱ、お○んぽがいい。』と言って、

自ら騎乗位で入れてきたのです。

そして、彼女は、足をM字にして、自ら腰を動かして、

『あん。あん。あん。』と言って、感じまくっていました。

その後、バックをした時に、彼女は、絶頂を迎えたみたいで、

『ああああああ。いく、いっちゃうよ。いく。いく~。』と言って、

四つん這いから倒れるようにうつぶせになってしまいました。

その後、正常位に戻り、彼女の喘ぎ顔を見ながら、

ザーメンを彼女のお腹に出したのです。

彼女は、そのザーメンを指ですくうと、

口の中に入れて、『美味しい。』と言って、飲んでくれました。

彼女とは、その日、そのまま私の家に泊まり、

翌朝まで、3回エッチを楽しみました。

翌朝、昨日作ったカレーが残っていたので、朝食は、カレーにしました。

彼女とは、来週会う約束をして、彼女を家まで送りました。

来週会うのがとても楽しみです



PAGE TOP