年上の女性を寝取りセックス【エロ体験談】

先週、T子さんから電話があった。
T子さんは、15歳年上の今年45歳になる人で、一昨年、離婚している。
(元旦那も知り合いで、今でも両方とも付き合いがある。)
電話の内容は、たまには飲みに行こうと言う内容で、翌週の水曜日に行くことになった。

当日、待ち合わせた居酒屋で会い、楽しく酒を飲んだ。
気付いたら23時を過ぎていて、お互いに翌日仕事ってこともあり、帰ることにした。
店を出ると、
T「飲み足らないから、家に帰って、また飲むの?」
僕「風呂から出て、少し飲みますよ。」
T「じゃ、もう1軒いこうか。」
僕「いいですけど、明日、大丈夫ですか?」
T「大丈夫よ。」
てな訳で、もう1軒行くことになった。

(時間的に遅く、)店が閉まる時間なので、駅前の店の方が、遅くまでやっていると思い、とりあえず、駅の方に歩き始めた。
商店街に平行している脇の道を通り、駅に向かってると、途中にラブホがあった。
T子さんは、ラブホの前で立ち止まり、僕の手を握ってきた。
T「こんなおばさんとは、嫌だ?」
僕は何も言わずに、T子さんの手を引っ張り、ラブホに入って言った。
一言もしゃべらず、適当に部屋を決め、エレベーターに乗り、鍵を開け、部屋に入った。
部屋に入った瞬間、T子さんを抱き締めた。
しばらくすると、T子さんは僕の股間に手をやり、ズボンのチャックを下ろし、ギンギンの勃起したチンチンを握りしめ、
T「舐めてあげる」
と言い、音をたてながら、フェラしてくれた。
T子さんは、いやらしい目つきで、僕を見ながら、美味しそうに僕のチンチンを舐めている。
僕「アッ。逝きそう・・・」
しかし、T子さんは何も言わず、フェラしている。
我慢できず、T子さんの口の中で逝ってしまった。
T子さんは、口から床に、精子を垂らしながら、僕を見ている。

ベットへ行き、T子さんの服を剥ぎ取り、体中を舐めまくった。
(T子さんの体は、160㎝ちょっとで、おそらく50㎏位で、スリムな体系だ。肌も綺麗だ。胸は特別大きくはないが、Bカップ位で、まだハリもあり、乳輪は小さくて茶色、乳首はピンとしていて、綺麗なオッパイだ。お尻が大きく、綺麗なクビレ。バックから見ると最高だ。)
コリコリに勃起した乳首を愛撫すると、T子さんも喘いだ。
オマンコの方へ行くと、ぷっくりと勃起したクリトリスがグチョグチョだった。
愛液を堪能し後、復活したチンチンをナマのまんま、突き刺した。
T「あ~、凄い。もっと、ちょうだい。」
僕「Tちゃん・・・」
T「あ~、そうよ。もっと、突いて。」
しばらくして、正常位で抱き締めあったまま、T子さんの体の中で逝ってしまった。

逝った後も、チンチンを突き刺したまんま、抱き締めあっていると
T「若いから、硬くて、勢いがあるね。子宮で感じちゃった。」
僕「勢いでやっちゃったから、ゴムつけてなかったんだけど・・・」
T「今日は、安全日だし大丈夫よ。あんなに子宮をガンガン突かれて、子宮にいっぱい精子を掛けられたの初めて。若いから、まだ出来るでしょう?」
僕「Tちゃん、こんなスケベだと思わなかった。スケベなTちゃん見てると・・・」
と言い、T子さんの手をひっぱり、おまんこに刺さってるチンチンを握らせた。
T「もう、硬くなってきてる。すご~い。やりたいだけ、やっていいから、私も気持ちよくして。」
また、腰を動かし、T子さんの子宮を突いた。
正常位から、対面座位と体位を変え、最後はバックで、獣のように腰を振り、T子さんの中に出した。
その後、ベットで1回、風呂場で1回はめて、ラブホを出た。

夜中なので、T子さんを送って帰ることにした。
腕を組みながら、T子さんの家の方向に歩いていると、途中に公園があった。
僕「最後に、もう1回いいですか?」
T「ここで?その前に、まだ出来るの?すご~い。」
僕「ほら」
と言い、ズボンの上から、チンチンを触らせた。
瞬間的に、公園で犯しているT子さんを想像していた僕のチンチンは、ギンギンに勃起している。
ベンチの座り、T子さんを膝の上に乗っけ、コートを着たまんま、ブラウスを巻く利上げ、ブラジャーを外し、オッパイにむさぼりついた。
T子さんは、腰を振って、ズボン越しに、僕のギンギンに勃起したチンチンを使い、オマンコを刺激している。
お互いに、愛撫だけで我慢できなくない、ベンチに手を付かせ、お互いズボンを下げ、立ちバックで、合体した。
T子さんは、外にも関らず、喘いでいた。
T子さんのクビレに手をかけ、腰を振っていると、公園に隣接している家の2階から僕たちを見ている男がいた。
暗くてよく分からなかったが、おそらく中学生か高校生だろう。
今更、止められないし、あえて見せ付けてやろうと思った僕は、T子さんに
僕「ほら、あそこから、見られてるよ。もっと大声出さないと。」
T「嫌ぁ~。恥ずかしい。」
僕「ここまで来て、止める?」
T「あ~、ダメ。抜いちゃだめ。もっと激しく犯して。私のオマンコ、無茶苦茶にしてぇ~。」
僕は、力強く腰を振り、子宮を串刺しにした。
静まり返った夜中、T子さんだけの喘ぎ声だけが響き渡った。
僕「もうダメ。逝っちゃいそう。」
T「ンア~、私もよ。一緒に逝って。」
僕は最後の力を振り絞り、これでもかっていう位、腰を振った。
逝く瞬間、チンチンを思いっきり奥に入れ、亀頭を子宮に押し付けながら、発射した。
発射した瞬間、T子さんは、
T「いやぁ~」
と言い、潮を噴き、ベンチに倒れこんだ。
T子さんのオマンコからは、僕の精子が流れ出て来ている。
放心状態のT子さんに、お掃除フェラをさせた。
T子さんは、目が虚ろではあったが、狂ったかの様に、僕にチンチンを舐めていた。

しばらく休憩し、ティッシュでT子さんのオマンコと僕のチンチンを拭いて、T子さんを送った。
別れ際、ディープキスをし、別れた。

数分後、T子さんから、メールが来た。
内容は、セフレでいいから、またHがしたいと言う内容だった。
僕は、さっきHしていた公園で、T子さんの事を思いながら、チンチンを勃起させ、写メで撮り、返信した。
こんなチンチンで良ければ、いつでもどうぞと、メッセージを添えて。


PAGE TOP