中学の担任の先生とのSEX体験談【エッチ体験】

私は中学2年生の女の子です。自分で言うのもなんですが体はもう大人の女になっています。
よく、学校の男子からもスタイル良いから興奮するって言われて、その時にはなによお。ってごまかしています。
でも、本当は襲ってほしい。体を見せたいし、触ってもらいたいんです。いつも痴漢に襲われることを夢見てオナニーしてます。

この前、私が悪いことをして自宅謹慎になっていたとき担任の先生が家に様子を見に来ました。
本当はどっさりある、罰の宿題をやらなくてはいけなかったのに手を付けていませんでした。
はっきり言って、その先生はちょっと気持ち悪い系のおっさんってかんじです。
でも、痴漢願望がある私にとってはすっごく興奮するタイプなんです。
だから先生が来るって分かってて、その時間にミニスカートと、ノーブラで乳首の形が分かるようなシャツをきていました。
そして少し、ボタンをあけて、かがむと胸が見えるようにしておきました。

担任が私の部屋へ来て、「おい、何やってんねん宿題ひとつも減ってへんやんけ。こんなことやったら自宅謹慎といてあげられへんなーー」っていいました。
私は少し胸が見えるように先生の前でかがみ、パンツが少し見えるかどうか位あしを広げました。
先生は「おいおい、そんな格好したら興奮するやんか。」と、はじめは冗談ぽくわらっていましたが、
私が「先生エッチしたい」っていうと、少しびっくりしてましたが、私が服を脱いで胸を見せると、もう、男の顔になっていました。
「なんや、おまえ、どうしてほしいんや、」といいながら胸をさわり、乳首をくりくりしてくれました。
「おっまえ、ええ体しとるなあ。ごっつい興奮するわ。
ほんまにええんか??はあはあ、ちゅぱちゅぱクリクリ」もう先生は私の乳首をクリクリなめたり、はあはあ言ったり、それだけで、私のあそこは濡れまくってました。
右の胸も、左の胸ももんでいっぱいなめてもらった後、スカートをはいたまま、パンツの中に手を入れてきました。
指でびちょびちょのオマンコをかき混ぜるように上からなぞり、時々クリトリスをはさみました。
私はもういきそうでした。すっごいエッチー!先生にエッチなことしてもらってるって考えただけですっごく興奮してました。
「お前セックスしたことあるんか?」私は首を振りました。「初めてか?ほんなら入れられへんな、なめてあげようか」
私は「うん、なめてほしいし、いれてほしい。」といいました。先生は無言のままパンツの上からと、直接オマンコをなめ始めました。
ぐちゅぐちゅ音がして舌を奥まで入れてもらうと、すっごい感じてしまって、
「あん・・やだ、もっとして・そこそこ・・そこがいい・・はあはあ」って腰をくねくね動かしてしまいます。
先生はそれをしっかり押さえながら「もっとか、こうか、どこがいいんやちゅぱちゅぱぺろぺろずるずる」ってエッチな音をいっぱいたててオマンコをなめまわしてくれました。そのあと、先生のびんびんになったちんちんを入れられました。
私はまだおちんちんを入れてもらったことはなかったんですが、自分でいつもオナニーしてるのでおちんちんくらいの大きさのものは入れたことはありました。
もう、じぶんでオナニーしてる時より最高に感じました。
先生は最初はゆっくり、でも、本当にすっごく感じてたみたいで、おおーーはあはああ・・いくいくいく!!って言って5分くらいでいっちゃいました。
お腹の上に白い精子がでてました。ちょっと気持ち悪かったけど、エロい気持ちになってたので、それがすごく感じました。

親は働いてるので、まだ時間があったので、親が帰ってくるまでおっぱいを触ってもらったり、おまんこをなめてもらって、口でなんかいもイカせてもらいました。
さいっこうだった。自分の担任の先生とやったなんて、もう、最高にエッチですよね。
でも、もう一回やってもらいたい。
今度、またエッチしたくなったらどうしたらいいか、先生に相談したところ、学校終わった後5時以降に、教室に残っていなさいといってくれました。
こんどはどんなエッチができるかたのしみです。


PAGE TOP