俺のピストンに耐えきれずいきまくる女【友達 エッチ体験】

彼がいる一人暮らしの子の家に送りに行って、ちょっとお互いに酔ってたけど、ミニスカだったから興奮してさ。
 畳に押しつけながら、おちんちんを無理やり入れて、犯したんだ。
 僕って1時間くらいいかずにセックスできるからさ、最後はどろどろで、女の子も背中をびくびくさせていきまくっててさ。

 興奮したのは2回目に襲った時。
「あんたなんか、きらい。さいてー」
「あんたのものなんかで、私は感じないのよ」
「いれないでよ。やだ」
 
なんていってても、1回目に襲った時ほど逃げないし、口と力のない手だけで抵抗しててさ。 だから両手を縛って、あそこに指をいれると、めちゃくちゃとろとろ。

「なんだ、感じてんじゃん。前と同じだろ?」
「彼よりもよかったんだろ?」
 乳首をつねりながら腰動かすと、「だめっ、ああっ、いやっ、うそっ。ゆるしてっ。もうっだめっ、助けて、いやあ」

 嫌がってても、おまんこをしめつけて自分で腰引くひく動かしてさ。
 あそこに固くて熱いおちんちんの先いれたとき、ぬちゅうって音がしたんだ。

 相手の子は、入れられたら、「んうううううっ」
 両手を強く握りしめて、顔を横に向けて畳に押し付けて、おっぱいを上にむけたまま足を広げて、足の指先が丸くなってる。
「俺のおちんちん、最後までいれてやるよ」
 言葉で責めると、目をあけて「いやああああっ」開会  その時に、腰をつかんで奥までずるうーっていれたんだ。あそこの奥まで広がりながら僕のものでつきあげて、子宮の入り口にごりごり押しつけると、「ひうっうううっ。だめっ、あつうい」
 ものすごく僕のおちんちんをおまんこが熱くなってトロトロでしめつけて、身体がびくっびくって痙攣して、太もももぴくぴくして、入れられただけで軽くいっちゃってるのがわかるんだ。

 ひくひくいってる女の子の顎を指で持ち上げて、「なんだ、犯されて嫌いな男のおちんちんいれられただけで、おまんこどろどろにしていっちゃうんだ。淫乱だな」
「いや、きらい。あんたのおちんちんなんか、感じてない」
 押さえつけて、クリトリスを指でいじると、「ひっ。だっだめ」
 そのままおまんこの奥まで入ってるおチンチンをゆっくりとずるうって引き抜くと、おまんこがへばりついて僕のものを逃さないようにしてる。

「あっ、あっ、あっ、ああ」
 完全に、僕のものを引き抜かれたおまんこの感触で身体プルプルさせて感じてる。
 最後、おチンチンの頭だけ、あそこにいれたまま、「これで、感じてないんだな?」
 乳首に吸いついていじめてると、「かっ 感じてないもんっ」

 それから5分間、僕は女の子の乳首に吸いついておっぱいをもみしだきながら、がちがちのおチンチンを激しくあそこの子宮の入り口につきささるように腰を動かした。
 女の子は僕のおチンチンであそこを激しくかき回されて、部屋中が響くくらいにつき立てられると、「いやあっだめっ。感じるっ」
「ああっあっ、だめっ、ああっあー」
「ひっ、熱、だめ、ああっ」
 もう目がとろんとして僕の腰の動きに合わせて、少しずつ腰動かし始めてるんだ。

 この子は、レイプ願望があるなと思った僕は、5分間の強烈な快感を与えた後、奥までつき立てて動けないようにしてから、ネクタイで目隠ししたんだ。
 目隠しされると「えっいやっ、何っ」
 怖がってるけど、もう最初の嫌がるそぶりはないんだよ。
 押さえつけてるのをやめて、腰をもちあげて、僕の上にのせる騎乗位にして「なんだよ、このおまんこは。犯されてどろどろじゃないか。彼氏以外の男に犯されて喜んでるんだろ」
 ゆっくりと抜いて、いきなり突き上げて、また抜いてってくりかえし、言葉でいじめてると、「いやあ。ゆるして。もう、ゆるして。やああ」
 突き上げるたびに 背中をのけぞらせて感じてる。

「彼の名前はなんだ?」

「◎◎ナオキです」
「なんだ、俺と同じだな」
「うううっ。やだあ、助けてナオキィ」
「俺がナオキだろ? いかせてやるよ」
 おっぱいをわしづかみにして、揉みながら、下から突き上げて、身体が浮くくらいにあそこの奥まで味わってると「あああっ。だめえ。なおきい、いくの、なおきい」

 名前が同じで犯されてるのも混乱したみたいで、めちゃくちゃ感じてきている。
 下から動かしてクリと乳首を強くつねると、「いいっ! いくっいくっ!」
 身体をびくってさせて2から3度繰り返したあと、僕に倒れ掛かってきて気絶したんだ。

 一度あそこからおチンチンを抜くと、ぽっかりと広がってあそこが広がってるのがわかるくらい。
 それからおもむろに持ってきたゴムをかぶせて、ベッドに女の子を連れていった後、目隠しとって正常位でいれると、どろどろのおまんこはスムーズに僕のものを飲み込んでいく。

 奥までいれると「すっ、ううっ」目を覚ましたみたいで、「犯されて、何回いったんだ? 彼氏のナオキに見せてやりたいよ」
「いやああっ! 言わないでえ」
「俺のおちんちんぶち込まれて何度もいきまくって、敏感になってるんだろ?」
「はい」

 小さく頷いて……、ああ、落ちたなって思いながら、「このまま俺の精液、たっぷりとおまんこの奥に流し込んで孕ませてやるよ」
 耳たぶ噛みながらささやくと、「いっ、だめええ。それはだめっ、ううっやだあ」
 逃げようとしても、散々あそこの奥までかき回されていかされた身体は動かず、腰ぬけて、ただ足をばたばたさせてるだけ。

 両手は縛ってあるし、動けない女の子の腰を抱いて、部屋にある姿見の鏡の前まで連れて行き、「彼氏以外の男に犯されて、いかされるいやらしい自分の顔を見せてやるよ」
「いやあっやめてええ」
「目には涙がたまってて、逃げようとしてる」

 強引に押さえつけて、あそこの奥にずんっ、ぐりぐり、ずんっ、ぐりぐり。おちんちんの先を子宮の入り口をこじ開けるように奥までぐりぐり。
「わかるだろ? 子宮の奥の入り口広げれてるんだよ」
「いやあっ! いやあああ」
「嫌がってても、身体といやらしいおまんこは欲しがってるんだよ」

 激しくあそこの奥までつきたてるようにおちんちんをいれつづけると、「いやっいやっいやあっいくうう」
「なんだよ、いくのかよ」
「ひっ。いっ」
 いきそうになったら動くのをやめて、顔を見てじっとすると「ううっ! だっ、だめっ」

 女の子の瞳を見つめながら、「何がダメなんだ?」
「だめっ!」
 ぷるぷるさせて、顔がピンク色になって、「いくのがだめなのか、hがだめなのかどっちだ? いわないと 抜くぞ」
 抜くそぶりをみせると、「いやあやあ。いかせて! いかせてください!」
 それを聞いてあそこの奥にいれると、「これがいいのう、いかせてえ!」
 またピストンし始めて、膣の中を横、上に壁をこすりつけて感じさせる。
「いかせてえ! いくっ! いくっ」
 いきそうなときにまたピストンを止めると、今度は女の子が目をはっきりと開いて、唇をぎゅってつぐんで「ふうーっ、うーっ」
 声にならない声だしながら、足を痙攣させ、腰がいやらしく動く。
「どうだ? いきたいだろ?」
 女の子は、首を縦にこくっこくって動かして、でも身体がぷるぷるさせて、腰は動きが止まらない。

「いかされたいなら、あたしのお口で飲ませてくださいって言え」
「ナオキ、あっあたしのお口にだしてっ!」
「何出すんだよ。わかんないだろ? ちゃんといえよ」
「ううっ。ナオキの精液っ、あたしのお口に出してくださいっお願いします!」
「いい子だ。よく言えたな。流し込んでやるよ、熱い精液をさ」

 このあと、ベッドをぎしぎしいわせて、いきそうで固くなってるものをおまんこの奥につきたてたんだ。
 10分間くらい腰をもってあそこが真っ赤になるくらいエッチすると、「あああっいいいっ! すごい。いくっいくっ!」
 ものすごくいやらしく可愛い顔で天井を見上る。
 最後に、あそこの奥につきあげてからずるうって引き抜いて、お口にいれて、びくびくって、ものすごい痙攣をさせて射精したんだ。
「あああっでてるっいくっひっ」
 もう身体だけがびくびくして 夢中でおちんちんに吸い付いて目を閉じてぐったりしてる。


PAGE TOP