泥酔失禁した女子大生をラブホで介抱してSEX【エッチ体験】

大学に入ったとき、クラスのコンパがあった。一次会は教授も御参加、二次会から本番、三次会も半分以上が残り、ここで解散。終電で座っていると、前に三次会で斜め前にいた里美が乗ってきた。そ

れまでとくに彼女を意識をしていなかったけど、盛り上がったあとにひとりぼっちになり、少しばかり寂しい感じがしていたので、顔見知りを見つけて素直にうれしかった。

男なので、里美に座席を譲り、適当に会話を交わした。このときは、下心はなかったが、かなり酔っているのはわかった。里美の下車駅は、俺の降りる駅の三つ先だった。

自分の下車駅に着いたので、じゃあ、といって電車を降りると、後ろから里美が飛び出してきて、反対側の線路にゲロった。おいおい危ないぞ、というわけで、はからずも里美の面倒をみることになりました。

とりあえず、障害者用トイレに連れていって背中をさすってりしてあげたけど、終電が過ぎていたので、駅から出なければいけなかった。もう、里美の交通手段はタクシーしかない。

タクシー乗り場に並ばせたが、心配なのでしばらく一緒に行列に立った。里美は気持ち悪そうだったが、しばらくすると「トイレ!」と言い出した。

駅は閉まったし、公衆便所はちょっと遠い。仕方がないから交番にお願いするか。少しばかり歩くと、またまたゲー、とやりだした。そこまではいいけど、なんとスカートの間からタラタラと雫がたれている。

相当酔っていたけど、何が起きたかは本人もわかったらしい。俺も困った。家は10分もかからないが、失禁までしている泥酔女を連れて帰ると、親がどう思うか。

そんなとき、ホテルのネオンが目に入ったから「これじゃあ、タクシーに乗せてもらえないし、このままじゃ大変だから、あそこに入る?何もしないからさ」というと、里美は「うん」と言った。

部屋に入れると、酔っ払い女とおさらばしようと思ったが、床にころがっている里美をみて、このままではいけないと思い、「お風呂に入る?汚れているし」と言ったら、「うん」と答えた。

俺が「じゃあ、帰るから」と部屋から出ようとすると、「待ってて」ときた。ベットの上で大の字になって目をつぶったが、俺も強いとはいえ、酒が入っていたので、少し眠くなってきた。

10分ぐらいたって、ふと目が覚めた。おっ、家に戻らなければ。ふと目をやると、里美の脱ぎ散らかした衣類が散乱していた。もちろんビチャビチャのスカートと下着も。初めて、このとき萌えだした。

何度呼んでも応答がないので、浴室の扉を開けた。里美はバスタブに、けしてスレンダーとはいえない体をあずけてへたり込んでいた。女の裸を写真以外で見るのは初めてだったが、まだ理性がまさっていた。

なんだ、このマグロはと思いつつ、せっかくの機会だからじっくり観察した。白い肌、豊かな胸。しかし、ムチムチの太ももにかかっているゲロを見ると、数日前に見たAVを思い出した。

巨漢が「騒ぐと、コレだぞ」といって嘔吐しながら女を犯すシーンのあったハードな作品。そうしたら、急に美人でもない里美がいとおしくなってきた。

「里美、こんなところで眠ったらダメだよ!」
「あっ、俺クン、ありがとう。うう~ん」
「おい、体洗ってやろうか?」

里美は目をつぶりながら、うなずいた。下着一枚になり、この酔っ払いがとなかば思いつつ、シャワーを開けた。ゲロを洗い流していると、目は当然股間にいく。白い脚の間の黒い茂みに視点は映る。

「じゃあ、ボディーシャンプーしようか」
「うん」

半分眠っている女を見下ろしつつ、手のひらにボディーシャンプーをたっぷり塗り、しゃがんで首のあたりからこすってあげた。そして背中。 完全には眠っていないので、少し反応するが、嫌がる様子はない。

手は背中から胸に移った。やわらかいふくらみに触れるのは初めてだった。最初は恐る恐る、しだいに力をこめだした。乳首が立ってくるのがわかる。俺の股間も怒張しだした。

「む、」と不意に里美が声をあげた。しかし、また目を閉じた。起こすとまずいと思い、胸から手を離したその時、バスタブによりかかっていた里美は前のめりに床にくずれてしまった。

そして、お尻をこちらに向けるかたちで、また嘔吐した。バックのポーズで、里美のオマンコが突き出された。童貞の怒張は最大域に達した。しかし、里美がこっちを振り返った。どうやら目を覚ましたようだ。

まずい。悲鳴でもあげたらと思っていたら「ごめんね」こう言ったのは里美の方で意外だった。俺は咄嗟に「体洗わないとね。あとは自分でやる?」と聞いたけど、返事がない。

起きているのは確かだから、否定でも肯定でもない。手のひらにボディーシャンプーをたっぷり注いだ。おもむろに里美のお尻に手を当て、きれいにしてあげた。

しかし、最も不潔な部分は、失禁の後だ。一瞬躊躇したのち、里美の股間に手を入れた。「やめて」力ない声で里美は反応したが、肩を抑えながら手のひらを、しだいに指を往復させた。

「いやだあ」里美は少し力の入った声をあげた。ここで止めるか。このとき、今こそ童貞を捨てると決心を固めて俺も下着を取った。

指先に変えて、怒張した先端をあてがうと、里美はまた「いやだあ」と言ったが、抵抗は声だけだったので、おもむろに突入した。最初のうちは「いや!」、「どうしてえ」とか言っていたが、だんだん「ああ」と声のトーンが変わってきた。一方的だった運動は、しだいに協調的になってきた。

「はじめてなんだよ」
「ほんと?」
「でも、どうしてこうなっちゃたのよ」
「アアー、アー」
「ん、俺、いきそうだ」
「えっ、どうしよう」
「中はだめだよ」

次の瞬間、里美のふくよかな臀部に白いものを思いっきり注いだ。そうしたら「もう、俺クン最低!寝るからね。帰って!」里美はこういうと、自分でもう一度体を洗ってベットにもぐりこんだ。

家はここから10分だが、今帰るのはアホだ。攻撃を続行する。次は、ベットでもう1回戦、正面から攻撃におよんだ。最後は、ゲロ臭い里美の口に深いキスをした。

翌朝、起きてみると、里美は爆睡中だった。汚れた下着を洗濯してあげて、浴室に干すと、そうそうに退散してしまった。女とはじめて交わった快感と、勢いとはいえ美形でも恋人でもない女を抱いた複雑な心境が交錯した。

放っておくのも気の毒だけど、里美とホテルから出てくる所を近所の人にみられる方がこわかった。その後は教室で顔を合わせても、なんとなく気まずい雰囲気だった。視線も互いに避けた。

ただ、あの夜の出来事は忘れがたい思い出になった。





PAGE TOP