欲求不満な淫乱ナース 【エッチな体験談】

僕が新婚の頃、突然の血尿と背中の痛みから、救急車で病院に運ばれ入院する事になりました。

病名は腎臓結石。
はじめの数日はチンコに管を入れられ、身動きする事も出来ず、妻が居る時には妻が、妻が自宅に帰っているときは看護婦さんが大の方の世話をしてくれていました。
その病棟は若い看護婦さんばかりでしたが、初めは病気の苦しみのあまり恥ずかしさは感じていませんでした。

数日経ってチンコからパイプは抜かれましたが、お医者さんは「四時間おきに看護婦さんが見にくるから」と言いました。

看護婦さんは四時間おきに私のベッドのそばに来て、私が本を読んでいようと寝ていようとお構いなしにパンツをずらし、チンコを摘みあげて見回して帰っていきました。
その態度は事務的なものでした。

ところがそれから二日目の晩。
寝ている僕のパンツをずらそうとする手に目が覚めました。
もう見に来る事は無いと思っていたのでびっくりすると、その看護婦さんは、「一応心配だからね」と笑って答えました。

その看護婦さんはチンコを持ったまま、なかなか離してくれませんでした。

そして僕の耳元で、「あなた新婚さんだから、ここが落ちつかないんじゃないんじゃ無いの?」と囁きました。

僕は、「パイプ入れられたり、さんざん弄くられたりしてそんな元気無いですよ」と答えました。

確かに僕のチンコは看護婦さんに触ってもらっても萎えたままでした。

すると、「これでも?」と言って私のチンコを咥えてきました。

その看護婦さんのフェラチオはとっても上手でしたので、僕のチンコは久しぶりに勃起しました。
でもまだ尿道のあたりが痛いようで、久しぶりだというのになかなかイク事が出来ませんでした。

「まだ痛いからもうやめて」

そう言ったら、看護婦さんは「仕方ないわね、じゃあまたね」と言って部屋を出て行きました。

それからは二日おきにその看護婦さんは夜の当直になり、僕の部屋に来るようになりました。
部屋は四人部屋でしたが、同室にはお爺さんが一人しか居ませんでした。
全然気付いていない様子でした。

それから二日目の晩、看護婦さんは「もう元気になったかな?」と言って、また僕のチンコを出して咥えてきました。

でもその時もあまり起ちませんでした。

すると、「これ見たらどう?奥さんのより大きいわよ」と言って胸をはだけました。

おずおずと手を伸ばすと、乳を僕の口に持ってきました。
看護婦さんの乳首を舐めているとだんだんチンコが大きくなってきました。

「私のここも奥さんより良いかもよ?」

そう言って自分のあそこに僕の手を持っていきました。
看護婦さんは自分でストッキングとパンティを膝までずらしていました。
看護婦さんのあそこはもうすっかり濡れてベショベショでした。

そしてベッドの上に上がろうとしてきたので、「向かいのお爺さんが目を覚ますよ」と言って止めました。

すると、「じゃあ今日はこれだけで許してあげる」と言って、またチンコを咥えてきました。

その日はやっとイクことが出来、看護婦さんの口に発射してしまいました。
看護婦さんはそのまま飲んでしまいました。

そして、「二、三日したら検査があるけど、私が担当になってあげるね」と言って部屋を出て行きました。

二日後、検査のために部屋に入ってきたのはあの看護婦さんでした。

「検査の前に消毒しておきますね」

そう言ってパンツをずらし、チンコに脱脂綿で何か塗り始めました。
その時には横に妻がいたので、私はドギマギしてしまいましたが、看護婦さんは平然と作業を済ませ、僕に裸になってこれに着替えるようにと手術着を渡しました。
そして私に付いて来るようにと言って、検査室へ連れて行かれました。

途中のエレベーターの中で僕の手術着の脇から手を入れてきてチンコを握り、「緊張しなくてもいいのよ」と言いました。
検査はチンコにカメラを入れるものでとても痛くて、検査の間中、僕は看護婦さんの手を握って我慢していました。

その夜、看護婦さんは昼勤務だったので夜には来ないと思っていたのですが、僕が寝付いた頃に入って来たのはあの看護婦さんでした。

「どうして今日は昼も夜もいるの?」

「友達がデートだから勤務を替わってあげたのよ」

看護婦さんは、またチンコに手を伸ばしてきました。

僕が「検査の後でまだ痛いよ」と言うと、「男にはいくら痛くても起たせるツボがあるのよ」と言って僕の膝を立たせ、僕の肛門に指を突っ込んできました。

びっくりして逃れようとしましたが、看護婦さんは許してくれませんでした。
肛門に指を突っ込まれると全然気持ち良くないのにチンコが起って、あっと言う間にイッてしまいました。

看護婦さんはつまらなそうに、「辛抱の無い人ね、じゃあ今日はこれで許してあげる」と言って自分のストッキングとパンティを脱ぎ、僕の顔の上に跨ってきました。

なぜかその日は看護婦さんのあそこはすっかり毛を剃られていました。
毛が無いので舐めやすく、あそこの奥のほうまで舌を入れ、唇でクリトリスを啜りました。

彼女は初めは声を殺して喘いでいたのですが、ついに我慢しきれなくなり声を上げ始めました。
お爺さんが目を覚ましてはいけないので、声を出すたびに彼女への攻撃を緩めました。
彼女はそれが不満らしく、僕が舐めるのを止めると顔にあそこを押し付けてきました。
彼女はなかなか許してくれず、30分以上、僕の上に跨っていました。

看護婦さんは終わってからパンティを穿きながら・・・。

「明日、先生から言われると思うけど、3日後にあなた退院よ。私は明日が休みで、明後日は夕方までの日勤だから、こんな事出来るのはもう最後ね。どうせなら最後までして欲しかったけど、残念だわ」

そう言いました。

「どうして今日は毛が無かったの?」

「たぶん今日は検査の後だし、どうせ最後までは出来ないだろうから、それなら思いっきり舐めて欲しかったの」

その二日後、退院の準備をしている妻がトイレに行った隙に、あの看護婦さんが病室に入ってきました。

そして耳元で、「今夜十二時過ぎたら誰にも見つからないように最上階の食堂の前で待ってて」と言いました。

僕は十二時過ぎて看護婦さんに言われたように食堂の前に行きました。
すると横の倉庫のドアが開いて、あの看護婦さんが私を手招きしました。
その倉庫の中はシーツがたくさん積み重ねてあり、横には古いベッドもありました。

彼女は中から鍵を掛けると、「ここは電気を付けても外から見えないし、ベッドもあるしいいでしょ」と言って服を脱ぎ始めました。

「勤務中だとあまり時間が無いけど、今夜は非番だから朝まで大丈夫よ。明日には可愛い奥さんの所にちゃんと返してあげるから、今だけ好きにさせて」

そう言いながら真っ裸で僕に抱きつき、パジャマのズボンとパンツを一緒に下ろし、チンコにむしゃぶりついてきました。
はじめは看護婦さんの好きなようにさせていたのですが、チンコがすっかり勃ってしまったので、彼女にベッドに手をつかせ、四つん這いにさせてから後から突いてやりました。
看護婦さんは突いてやると大きな声で喘ぎ、嬉しそうに、「これが欲しかったの」と言って腰を振りました。

彼女は自分が主導権を握るセックスが好きらしく、僕をベッドに寝かせ騎乗位で腰を振りました。
コンドームをしていなかったので「外へ出したい」と言うと、「今日は大丈夫、思いっきり中へ出して」と言うので僕は思いっきり中へ出してやりました。

セックスが終わってからも彼女は後始末もせずに、あそこから精液を滴らせながらチンコを咥えてきました。

「明日退院だから、妻のために後一回はとっておいてくれ」

そう言うと、彼女は悲しそうな顔をして、咥えていたチンコから口を離しました。

そして自分の足に僕の精液が滴っているのもかまわず、パンティを穿き、服を着て、裸のままの僕を置いて泣きながら部屋を出て行きました。




PAGE TOP