酔っ払った母さんと妹とエッチしてしまった禁断の親子丼体験【エロ体験談】

僕の母さんは今年34になります。

1月16日が誕生日だったので僕はプレゼントを買って帰りました。

親父が今は福岡にいるので、

家には僕と妹の江美と母さんの3人だけです。

母さんはワインが好きなので、

そんなに高くはないですが

3千円のワインとケーキを買って帰りました。

[adrotate group=”1″]

高校に入るまではバイトできないので、

じいちゃんにもらったお年玉で買いました。

去年は親父がケーキを買って来たり、

プレゼントを上げたりしてたので、

今年は何も無いと思ってたらしくて、すげえ喜んでくれました。

3人でパーティーみたくなって、

このパソコンでカラオケまでして盛り上がりました。

僕も妹もワインをグラス1杯だけ飲んで、

母さんはワインをボトル半分ぐらい飲みました。
妹も僕も酔っ払っていたので、

盛り上がってしまって、

皆で入ることになりました。

小●生ぐらいまでは一緒に入ったことがあったのですが、

5年ぶりぐらいでした。

皆勝手にその場で裸になって、

3人で風呂に入りました。

湯船に先に入って、体を洗いっこしてる2人を見てて、

初めてヤバイと思いました。

妹の裸は初めて見たのですが、

おっぱいも出始めていて、

お尻もふっくらしかけて、カッコいいんです。

母さんの裸はおっぱいも突き出て、垂れてないし、

ウエストもきゅっと細くて、お尻もほんとにカッコよく大きいんです。

そんな2人が洗いっこしてるのを見てたら、

僕のペニスがだんだん大きくなってきて、どうしようもなくなりました。

妹のあそこはまだ産毛ぐらいしか生えてなくて、

僕の方からは割れ目も見えませんでしたが、

母さんは妹の体を洗うのに動くので、

その度にちらちら濃い茶色の毛と、

ピンク色の割れ目が見えました。

母さんと妹がお互い洗い終えて湯船に入ろうとする頃には、

僕のペニスはがっちがっちに硬くなっていました。

「交代、交代」

妹がはしゃいで言うので、

仕方なく2人から見えないように背中を向けて湯船から出ました。

「あら、」

でも母さんは分かったらしくて、

僕のペニスのほうをチラッと見て、笑いました。

僕は2人に背を向けて洗い始め、

小さくなるよう色んなことを考えましたが、全然小さく

なってくれません。

「まこちゃん、久しぶりに洗ってあげるょ」

母さんが湯船から出て、僕の手からスポンジを取り上げると、

背中から洗ってくれ始めました。

僕のペニスはもうびんびんになってしまいました。

「ほら、江美ちゃん見て」母さんが僕の体をイスごと回したんです。

「スゴイ、それオチンチン?」

湯船の中から、妹が目を大きくして見つめてきました。

「なにすんだよ、」僕が抗議しても、

母さんはすごいハイになってて、僕のペニスを握り締めてきました。

「えっ」

僕は固まってしまいました。

「これが男の人のオチンチン、お父さんのオチンチンもこんなに固くなって、そして、」母さんが僕のペニスを握った手を動かし始めたんです。

「お父さんのより、ちょっと硬いかな?」

「太いかも知んない、」

母さんだけ喋ってました。

僕は湯船の縁に手を伸ばして掴まって、

母さんのしてくれるままになってたし、

妹は湯船の中から体を乗り出すようにして、

母さんのすることを見てました。

母さんの体が僕の背中にまるでおぶさるように、くっついてました。

柔らかいおっぱいと太腿が僕の背中と腰にくっついて、僕は興奮してました。

「それで、これが母さんの中に入って、射精するの、」

母さんの手の動きが速くなって、

僕はもう我慢できなくなって、そして、射精しました。

「うっ」、「あっ」、「きゃっ」

僕と、母さんと、妹が同時に叫びました。

精液が湯船の縁に何回も勢いよく当たって、流れ落ちました。

「お兄ちゃんすごいょ、」

その後、今度は妹が洗ってくれ始めました。

妹のほそい指が母さんのまねをして、

僕のペニスを握り動かし始めると、

さっきの射精で柔らかくなってた僕のペニスが、

すぐ大きくなり始めました。

「はい、もうやめよ、終わり、」

それまで、湯船で沈んでいた母さんが、

とろんとした顔で言いながら、

妹を引っ張るようにして、

風呂場から出て行きました。

「あたしもしたかったのに、」

妹が不満そうに言いながら居間の方に行くのが分かりました。

僕はさっきの事でぼうっとしながら、湯船に入り直しました。

僕が風呂から出ると、母さんも妹ももう自分達の部屋に行ってました。

僕もなんだか興奮したままでしたが、自分の部屋に向かいました。

階段を上がろうとしたら、妹が母さん達の寝室から顔を出して呼ぶんです。

「こっちだよ、お兄ちゃん、こっち、」

何だろと思いながら、母さん達の寝室に入りました。

妹も、母さんも裸のままでした。

母さんは、ベッドの上に横になってて、

妹はベッドの方に向いたソファの上に座ってました。

明かりの下で、母さんの裸がすげえ綺麗でした。

「お兄ちゃん、母さんがセックス教えてくれるって、」

心臓が止まりそうになりました。

妹は笑ってました。

母さんの方を見ると、とろんとした顔で微笑みながら、頷きました。

「まこちゃん、裸になって、」僕は慌てて裸になりました。

ペニスは半立ち状態で、太くなり始めてました。

「江美ちゃんも来て、見ててね、」

僕がベッドに上がりこむと、妹もベッドの脇に来ました。

母さんが自分で膝を抱えると、足を大きく開きました。

母さんのあそこはもう濡れてる様で、蛍光灯の光できらきら輝いてました。

「まこちゃん、そこ舐めて、」僕は舞い上がってて、喉はからからでした。

言われたとおり、母さんのあそこに顔をつけて、夢中で舐めました。

妹に見られながら、母さんとセックスしました。

母さんの中にペニスを入れたとたん、

射精してしまいました。

「今度は、江美ちゃん、」

母さんが、妹をベッドに上がらせると、妹のあそこを舐め始めました。

くすぐったがっていた妹も、だんだん顔を赤くして、

目を閉じて、うなり始めました。

僕のペニスはまた大きくなってきました。

母さんは僕のペニスをちらっと見ると、微笑んで、

僕の方にお尻を向けました。

僕は母さんのお尻にしがみ付くようにして、ペニスを押し当てました。

ダブルベッドの上で、3人でセックスしました。

一時ごろ、僕はとうとう妹の体の中に、ペニスを入れました。

母さんのあそこを舐めてる妹の後ろから、

母さんにしたのと同じように挿入しようとしたのですが、

きつくて、ペニスの半分ぐらいしか入りませんでした。

痛いと言って逃げようとする妹の体を、押さえつけるようにして、

セックスしました。

すっかり寝込んで軽い鼾をかいている母さんの体の傍で、

僕は妹の中にその日4回目の射精をしました。

次の日曜日が大騒ぎでした。

10時ごろ目を醒ました母さんは、何も覚えてなくて、

起きると僕が母さんの上になってセックスしてるんですから。

しかも、妹がそのすぐ傍で寝てるんです。

びっくりするくらい大声を上げて僕を突き放そうとしました。

母さんの声にびっくりして、妹も目を醒ましました。

母さんの膣が痙攣しながら、

僕のペニスを搾りつけるみたいに締め付けてきました。

「まこちゃん、何すんのよぉ、」

半分気違いみたいに首を振って、僕を突き放そうとしますが、

全然力が入ってなくて、放せません。

しまいには、ぼろぼろ泣き始めました。

「お母さんが、セックスしよ、って言ったんだよ、」

あきれた様に母さんを見ていた妹が、小さいけどはっきりした声で言いました。

「えっ、まこちゃん?」

泣き顔のままで母さんが僕を見たので、僕も頷きました。

頷きながら、僕は締め付けられたままのペニスから射精してしまいました。

「いやっ、まこちゃん、だめ!]

僕が体を震わせながら射精したのが分かると、

母さんは一瞬体を硬くして、目を閉じました。

3人別々にシャワーを浴びて、居間で話をしました。

母さんは最後まで硬い顔をしたままでした。

「でも、お母さん、すごい気持ちよかったんだよ、」

妹が言っても、何も言いませんでした。

「江美ともセックスしたの?」

もう言うことが無くなって、

僕と妹が立ちかけると母さんが小さい声で聞いてきました。

僕が答えようとすると、妹が先に恥ずかしそうに頷きました。

母さんは顔を覆って、泣き始めました。

その日一日は、長くてしょうがなかったです。

夜になって、妹は疲れたらしくて、8時ごろには寝てしまいました。

9時ごろ母さんもやっと自分の部屋から出て来ました。

謝らなきゃ、とは思いましたが、言葉が出てきませんでした。

2人ともソファの両端に座って、テレビだけが音を出してました。

「まこちゃん、ごめんね、」母さんに謝られました。

僕にすがり付いてきました。

「もっとして、いっぱいして、」

母さんのベッドで、その晩、3回しました。

次の日の朝、顔を合わせるなり妹がVサインを出してきました。

「今日はあたしともしよ、」

どうやら、途中から覗いていたようで、小さい声で囁きました。

それから、今日まで、母さんと妹とセックスしています。

3Pは時々しかしません。

コンドームもつけてするようになりました。

妹も、先月ぐらいから感じるようになりました。



PAGE TOP