高校の先生(24)に告白!初SEXから結婚までの話【エッチな体験談】

私が高校生の時、24歳のT先生がいました。

私はそのT先生のことが大好きでついに告白しちゃいました♪

ちなみに、そのT先生は私の担任の先生です。

先生が学校から家に帰ろうとしたときに、

「先生ずっと好きでした・ 付き合ってくれますか?」

T(先生)は

「ごめん。俺は教師だ。そんなことできない。」

と言われてしまいました。

私はものすごくショックでした。

けれど、友達とかにばれたらやばいので

無理をして笑っていました。

先生も私に声をかけてくれませんでした。

それから、一週間後にTに呼び出されました。

私は何かと思いましたが、

Tに声をかけられたことがすごくうれしかったです。
Tは

 「会議室にこい。 ほかの先生はいないから。」

私はほかの先生はいないから。といわれたので少しドキドキしていました。

私が会議室に入ったら、まだ先生はいませんでした。

私がいすに座ったいたら、Tがきました。

「ごめんな。急によびだして。」

Tがそう言いました。

私は

「そんなことないです・・・」

「あのな。この前お前から俺に言われたことが気にかかって・・・というか俺がことわっちゃったんだけどな。」

「はい・・・」

私はそれを聞かせられた時、少しこわかったです。

Tが

「あの時。俺はお前のことが好きだった。だが、教師という立場がある。でも、今お前のこと見るとすごく愛しく思えるんだ。お前のことが好きだ。付き合ってくれないか。」

私はそれを聞いたときすごくうれしくて、

「はい。」

といいました。

それから、先生とはラブラブになりました。

付き合ってから、1週間ぐらいたってから、

私は体育の時間で足を怪我してしまいました。

私が一人で保健室に行こうとするとTがきてくれて、

「大丈夫か?保健室に連れて行ってやる」

と一緒に来てくれました。

先生が手当てをしてくれてそのときもずっとドキドキしていました。

私が

「先生ごめなさい。」

Tは

「お前はあやまらなくていいんんだぞ。」

と、いってから怪我したこ所にキスをしてくれました。

すごくドキドキして、ちょっと感じちゃいました。

私が

「先生。ドキドキするよ・・・」

というと

「大好きだ。」

といって今度は私の唇にキスをしてくれました。

すごく甘いキスでした。

私は

「ふぁ・・ん・・・んっ・・」

と、突然だったので言ってしまいました。

ディープもしました。

先生の液がはいってきました。

私はゆっくりそれを飲みました。

先生はそれがすごくエロくみえたみたいで、

先生のあそこが少し膨らんでいました。

先生は

「いいか?」

と聞きました。私はこれからすることがわかっていたので、

「はい。」

といいました。

ちなみにこの時の洋服はけがをしたあとで

もう授業には出れないかなと思い

スカートととブラウスに着替えました。

ブラウスはリボンがついてあり、

ブラウスのままで上から何もはおっていなかったので

きっとブラが見えていたと思います。

Tはゆっくり私のブラウスのボタンをひとつずつはずしていきました。

ブラウスがとられ、上はブラジャーだけになりました。

Tは

「かわいいよ。」

といい、ブラの上にゆっくりおっぱいを揉みました。

私はそれだけで感じてしまい

「ん。あ・・」

といってしまい、ブラもとられました。

私のおっぱいはCです。

先生はおっぱいを揉み始め、乳首をなめました。

すごく優しくて、

「あん・・・」

といってしまい

「もうかんじてるの?じゃあここはどうかな。」

といってスカートのしたから手を入れ、

パンツの上からあそこをさわりました。

私はすごいかんじやすいのできっとどろどろだったと思います。

Tは「すごいよ。これ・・」

と驚いていました。パンツもすがされて、直接触られました。

「あん・・あんn」

とかいっていました。なめられたときはすごくかんじてしまい、

「あん!!あんん・・だめ。いっちゃうよ・・」

そういったら先生はパンツをぬぎ、私のなかに入ってきました。

入ってきたときはドキドキしていて、

先生が早くふってきて、激しくふってきました。

すごく気持ちよくて

「あん!あんん!あああんん!いくよぉぉぉ!」

といい、先生も

「いくぞ!」

といいました。

わたしはそれを飲みました。

それからはずっとラブラブで今では結婚しています。

毎日Hをやっています♪





PAGE TOP