めちゃくちゃにされた性感マッサージ【エッチ体験談】

出張性感マッサージをお願いしました。。
さすがに一見さんでいきなり専門店電話するのは恐くて、友達の知人に頼みました。
何でも昔は本職だったらしいです。
今は何人かの女性に頼まれて時々やっているそうです。
場所は渋谷のシティホテル。事前に言われたとおり、ゆっくりとぬるま湯に入って、バスローブに着替えて待っていました。
ただのすけべオヤジが来ちゃったらどうしようとビクビクしてたんだけど、一目見て安心。
30歳くらいの優しい目をしたお兄さん、信二さんという方でした。

まず、少しだけアルコールを飲みました。10分くらい世間話をした後、信二さんは、私が座る椅子の背後に来ました。
そして、ゆっくりと首から肩にかけてマッサージしてくれました。
15分マッサージみたいなザツなものではなく、軽くなでるように優しいタッチです。

血行をよくすることを最初にやるとのこと。
「ベッドにうつぶせに寝てごらん」
信二さんは、私の上に乗り、上半身だけを優しくゆっくり脱がせました。
不思議なことに何も恥ずかしくありません。肩から背中にかけて、今度は少し力を入れる感じでマッサージしてくれます。
「肌が白くてきれいだね」「指も長くてきれいだね」
なんていっぱいほめてくれちゃった。

そのうち、バスローブは完全にはがれて、パンティ1枚になってしまいました。
太ももの内側から足の指にかけても丁寧に指でマッサージしてくれます。
この頃には完全に心身ともリラックスしてしまって、日頃の肩こりや腰痛も吹き飛んでしまったようです。
温泉なんかでマッサージさんを呼んだことあるけど、ぜんぜん違うの。
やっぱり誉められるっていうのがいいのかな。
何かホルモンが分泌しちゃうのかしら。

「仰向けになって」
えーー、おっぱい見られちゃう。恥ずかしくて、
胸の上で両腕をクロスさせちゃいました。
「大丈夫だよ。恥ずかしくないから力を抜いて」
もういいや、信二さんに二時間、身体を委ねよう。
そう決心して、両手をだらりと身体の横に伸ばしました。
信二さんも服を脱いでくれました。けどパンツは脱いでくれない……。
ツンと男の匂いが鼻をつきます。

おっぱいの周りを何度も何度も円を描いてマッサージしてくれます。
私の乳首はもうツンと立っています。けど、そこにはなかなか到達してくれない。
思わず「乳首吸って~」なんて言いそうになっちゃった。
願いもむなしく次はお腹へ。気になる贅肉をもみもみしてくれました。
そして、いよいよ下半身へ…と思いきや、また肩すかし。
恥骨から、股関節にかけてを強めに指圧してきたのです。
これには「あんっ」って声が出ちゃった。

手を使ってのマッサージが終わると、次は口。私の身体を横向きにさせて、
首筋から背中にかけて、熱い息をフーーーッてかけてくれた。
これがゾクゾクッと来て気持ちいいのなんのって。
自分でも後でやってみたけど、できないの。このフーーッはすごいテクです。
で、またあお向けにされたかと思うと、やっと、乳首をパクッ。
これ、衝撃的でしたね。ここまでじらされた後の乳首攻撃にはまいりました。
こんなにいいもんだっけ、乳首って。キーーンと頭に快感が走りました。

そして、指がお股の間に伸びる……いよいよ指マンか…と思ったら、
まだ触ってくれない。そーーっと大陰唇の周りをなでるだけ。
思わず身をよじっておねだりしてしまったわ。
「目をつぶって。これから、どんどん気持ちよくなっていくよ。
どんな自分になるのか想像しながら、ゆっくりと目を閉じて」
言われたとおり、目を閉じました。信二さんが私の股間に身体を入れてきました。
そして、あそこに優しくキス。と思ったら、まるで吸盤のように、ペタッと私のおま○こ全体を覆いました。
いつも若いセフレくんとやるセックスは、いきなりクリちゃんをぐりぐりやられて、
指を突っ込まれて、刺激が強すぎることが多いんだけど、今日はとってもソフトな感じ。

「ここ持ってて」信二さんは、私の両手で両足を支えるように言います。
あ~なんて格好なんでしょう。初めて会った人の前で、こんなにみだらに股を開いて。
信二さんは、なおもぺたっと口を密着させたまま、舌を中まで押し入れてきます。
甘くせつない快感とでもいいましょうか、どんどんおつゆがあふれ出てくるのがわかります。
なのに、信二さんは全部なめてくれてる。しょっぱくないかしら。
信二さんが、両手で私の乳首をつまみました。いわゆる3点責めってやつ。
これがもうたまんないのなんのって。私は自分の腕で、両足をぐいって開いて、信二さんが舐めやすいようにしてる。
ここで初めてのアクメを迎えました。
「ダメっ。もうイッちゃうよ~」

信二さんが舐めながらも答えます。
「イク時には、息と身体の動きを止めないで、感じたままでね」
その指示が絶妙なタイミングで来るのです。
言われたとおりに、
「イクイクイク、イッちゃうよ~~」
と大きな声を出し、腰をグイグイ信二さんの口元にぶつけちゃったんです。
こんないい気持ちはじめて!
いつも、一度イカさせたら、男の子もほとんど同時にイッちゃうから、
ここで快感は奈落の底に一度どどーんと落ちちゃうんだけど、
なんで? 今日は落ちない。
信二さんは、そのまんま「ぺったりクンニ」を続けています。
大きくイッたその直後も、快感は落っこちることなく、すぐに二度目の絶頂が来ちゃったのです。

信二さん、いったい何分やってくれてたんだろう。
とにかくずーーっと舐めっぱなし。舌を入れられてるだけなのに、ほんとのセックスよりも深い快感が得られるなんて。
数回イッた後、私は思わず信二さんのパンツを脱がし、チンチンをパクッとくわえてしまいました。
大きくて固くて口に全部は入らなかったけど、
ここまで私に快感を与えてくれた人のチンチンがいとおしくて仕方なかったのです。
信二さんは私のお尻を自分のほうに向けました。そして後ろからズブリと。
ん?何? いったい何を入れたの?すごく固くて大きくて。
「ねぇ、何? 何が入ってるの? あ~ん、ふっとーーい。気持ちいいよぉ~」
「ん? 指一本だけだよ。モモちゃんの身体は、全身が性感帯でいきっぱなしの身体になったんだよ。
ここも何度もイッちゃって、限界まで締まってる。だから、指一本でも太く感じるんだ」

それからというもの、信二さんは人差し指を軽く出しているだけ。
私はまるで獣のように、信二さんの肉棒にしゃぶりつき、
自分のおま○こに信二さんの指を入れようと、腰を動かしていたのです。
絶頂は2分おきくらいにやってきます。イッた後も、またすぐに欲しくて、信二さんの指を自らの身体に沈めていくのです。
止まらなくなった腰の動きに、自分で制御が利きません。
「ねぇ、モモ、どうなっちゃったの? 淫乱になっちゃったよ~。どうしよう」
半べそをかきながらも、腰の動きはやみません。
「女はみんなそうなんだよ。本当のセックスを知らない男たちは、
みんなすぐに刺激の強いところを責めてきたり、挿入したりするだろ。
それやったら、ここまでの身体にならない。時間かけてゆっくりやれば、女はみんなここまでの身体に仕上がるんだよ」

「なるほど…」なんて納得しつつも、私の身体はまったくおさまりません。
身体中からじんわりと熱い汗が出てきて、背中を伝います。
顔はほてって、真っ赤になってる・・・。
体力も限界まで来てると思うのに、もうエンドレスエクスタシーって感じ。
きっと、薬物やる人ってこういう快感を求めているのね。
信二さんとならば、薬物なんていらないや。自己精製しちゃう(笑)。
その時、なんだかおしっこがしたくなってしまいました。
「ねえ、信二さん、おしっこしたいよ~。けど、腰が止まらないの。どうしよう」
「それ、おしっこじゃないよ。出していいんだよ」
えーどうしよう。えいっ出しちゃえ。と思った瞬間、
私のおま○こから、ビュッビュッと激しい勢いで液体が飛び出てきたのです。
「おぅ、潮吹いたね」と信二さん。「え~ほんと?初めて!」というと、
「モモちゃん、どういう男とセックスしてきたの?」なんて言われちゃった。

「そろそろ最後にするから、思い切り声出してイッてごらん。
「うん」
信二さんの指の動きが、激しく深くなってきました。
「ああーーっ、イクイクゥゥ! ウウッ~イッちゃう~」
私がバタッとうつぶせになって倒れた瞬間、信二さんが後ろから口であそこを丁寧に舐めてくれました。
私の身体が痙攣するのがわかりました。
頭の中が真っ白になって、少しの間、失神していたように思います。
「あ~、もう普通のセックスできなくなっちゃう」と私が言うと、
「今日は挿入してないんだよ。マッサージだけだよ」と信二さん。
「挿入しなくても、ほんとのセックス以上によかった」
ふと時計を見ると、な、なんと二時間の予定が、四時間もたっていたのです。
もーー自分でも信じられないっ。
実はこの夜、とても激しいオナニーをしてしまいました。
もうモモの身体はどうなっちゃうんでしょう。