山登りの仲間の家の電灯を交換に行ってHしちゃった【エロ体験】

俺(裕之23歳大学出たばかりの電気屋さん)おっぱい星人

彼女(洋子26歳音楽の先生)洋子は結構小柄
(スペック155,42、80D-58-82)
なんだけど当時にしては巨乳でブラジャーに困る位おっぱいが有った。

俺は有るワンゲルっぽいサークルに入っていて
メンバーは高校生から30位の社会人まで色々な人が集まっていた。

俺は高1から結構長くやっていたので、
たまにリーダーに指名されて
キャンプに行ったり、低い山に皆と登ったりしていた。

基本的に素人OKのグループだったので、
場所によっては運動靴でもOKみたいな
非常に低レベルの登山活動(というよりキャンプ活動)をやっていた。

俺は22の時に丁度彼女と別れちゃって空き家状態。
そこに音楽の先生をやってる洋子が入会してきた。

22の時の3歳年上って魅力あるんだけど
精神年齢は向こうが上であまり相手にされないと思って接していた。

でも、キャンプ場での色々な生活を教えているうちに
ため口で喋るようになっていった。

あるとき、洋子から家に電話がかかってきた(携帯はまだない)。
聞くと台所の照明が蛍光灯を交換しても灯かなくなったらしい。

俺「これはボロボロだから交換した方が良いなあ。どれにする?」
と交換を勧めてカタログでどれが良いか聞いたら

「裕之さんに任せます」って言うので
「じゃあドライブがてら一緒に買いに行こう」と
工事用のライトバンの助手席をかたづけて、卸屋さんに仕入れに行って戻ってきました。

往復1時間位運転しながら
「裕之は彼女いないの」と聞いてきます

「いやあ、〇〇子ちゃんにこないだ振られちゃった」
と頭をかきかきしながら答えると
「そっか。。。それで最近一緒に帰らないんだ」とよ~く見てます。

「洋子さんは彼氏いないの?スタイル良いしモテるでしょう」と言うと、
「うん、大学院の時に別れちゃった」
「学校はおっさんばっかりやし、中学生は子供過ぎて問題外やし
もし手を出したら首になっちゃう」

そらそうだ、手を出してもらえるDCは天国やろうけど
首になる方は地獄やもんなあ。
とか、なんとか言いながら彼女のマンションに戻ってきました。
両親は今日はずっと留守のようです。

照明器具の交換なんてホントあっという間に終わります。
箱から出す時間入れても5分位です。

「裕之って仕事早いのねえ」
「いやあ、これで普通よ」と言いながら
クーラーのフィルターとかも掃除してると
丁度12時を回っておなかが空いてきました。

洋子が「よかったら御飯食べて行かない?」と言ってくれたので、
「ラッキー」と思って
「はい、食べます」と道具を直して手を洗って待っていました。

普段お昼は外食が多いので手料理は有りがたい。
大森のサラダと焼き飯と味噌汁を出してくれました。

「頂きま~す」とバクバク食ってると
「私のも食べる?」と言ってくれたので遠慮せずに全部食っちゃいました。

全部食べちゃってから「ゴメン全部食っちゃった」と謝ると
「いやー男の子は良く食べるって聞いてたけど
本当に良く食べるわねえ。3人分作ったんだけどなあ。。。」

「洋子さんは?」
「私は燃費が良いからサラダで大丈夫」
かたずける間待っててとコーヒーまで入れてくれます。

エプロンの隙間からむっちりとしたお尻と
きゅっと締まった足首が見えます。

最近良いおかずが無かったので
溜まっている僕はチンコが立ってきちゃいました。
幸いなことに作業服は余裕が有るので屈まずに済みます(笑)

洋子さんが食器を洗い終わってテーブルの隣に座ってきました。
「男の子はホントによく食べるわねえ」
「いやあ今日みたいなおいしい御飯だったら何時でも食べたいです」
っとか言いながら手を握っていました。

そのまま手相占いのふりをしながら少しづつ引き寄せて
唇に「チュッ」とキスをしました。

抵抗しないので今度はもっと引き寄せて
左手で頭の後ろを抱えるようにディープキスしました。

「裕之って手が早いんだあ。悪い子!」
っと頭をコツンとたたかれましたが、
「うん、俺悪い子なんだ。先生どうする?」っと聞くと
洋子の方から僕の頭を抱えてチューしてきます。

そのまま洋子を抱き上げて奥の部屋へ行き、そっと畳の上に下して
服の上からボリュームのあるおっぱいを揉んでみます。

作業服はボタンは引っ張ると外れるので
バッと脱いでパンツ一枚になっておきます。

洋子はパンツの上から僕の分身を触って
「大きくなってる」とつぶやきます。

キスをしながらブラウスのボタンをはずしていき、
ブラジャーからこぼれんばかりのおっぱいに顔をうずめたら
「ひげが痛い」って言われちゃいました。
無精ひげが当たったんですね。

ひげが当たらないように気をつけながら
ブラジャーをずらして生おっぱいと対面です。
大きなおっぱいの割に乳輪も乳首も小さくてきれいなピンク色をしています。

お約束のように乳首を吸うと「ああ。。。」と可愛い声を出します。
結構防音のしっかりしたマンションで
ピアノを置いてある位なので声を出しても大丈夫そうです。

おっぱいを吸いながタイトスカートを脱がせて生足とご対面です。
足首からふくらはぎ、太もも、お尻と撫で上げて
撫で下ろすときにパンティーも脱がしてしまいました。

ブラのホックも外して全裸にしてから
僕もパンツを脱いで全裸になったと思ったら靴下が残っていたので
急いで靴下も脱いでいると洋子がケタケタと笑っています。

「そんなにあわてなくても逃げないわよ」
とチンポをしごきながらキスをしてきます。

そのまま畳の上で発射させられそうだったので、
再び洋子を抱き上げて洋子の寝室へ行きました。
綺麗に片付いた部屋にセミダブルベッドがありました。

僕は洋子をベッドの上にゆっくり下してから
「もしもの時の為に」常時携帯しているゴムを財布から出して準備しておき、

ゆっくりとキスから初めて首筋、おっぱいからお腹、
足先から足首、ふくらはぎ、太もも、とゆっくり愛撫しながら
舌で転がしたり舐め上げりしながら中心部へ近づいて行きます。

洋子はずっと「ああ。。気持ちい良い。、ア。そこも・・」と
ずっと受け身ですが僕は攻めるのが好きなので丁度いい感じです。

頃合いを見て割れ目の周辺をグルグルと舐めて行きます。
割れ目からは愛液が溢れるように出てきていて、
クリトリスも少し皮から顔を見せています。

せっかくなのでまずは割れ目を救い上げるように舐め上げて
最後の方でクリトリスにチュっとキスします。

洋子はクリにチュウした瞬間に「ああああ」と
腰を跳ね上げるようにしてベッドから浮き上がっています。

指を入れたりしたかったけど指は嫌がられたので、
チンポにゴムを装着して割れ目とクリトリスを亀頭でなぞります。

「洋子、いれてほしい??」と聞くと
「裕之のいじわる。早く入れてほしい」と
素直にお願いされたのでジワジワっと割れ目に亀頭を半分ほど入れます。

「これで良い?」と聞くと「いやん、根元まで全部入れて」
3浅1深のリズムで30往復位かけて根元まではめてあげました。

洋子は僕の腰に両足を回して
「もっと深く入れて。。。」と言いながらベロテューしてきます。

「学校の先生ってHなんだなあ」とつぶやくと
「いじわる。。もっと激しくして」とせがまれます。

僕は洋子の両足を肩に担いで屈曲位にして
根元まで全力で高速ピストンしてあげると
ベッドのシーツを握りしめながら
「いっちゃう。。。。」と逝ってしまいました。

僕はゴムをしてるのでまだ余裕が有ります。

しばらくチンポを入れながらキスしたりおっぱいを吸ったりしてると
洋子が夢の世界から帰ってきました。

「裕之まだ逝ってないの?私の身体よくない?」といじらしい事を言うので
「いやあ、今日はゴムが1個しかないから長く楽しみたいんだ」と言って
再びピストンを再開しました。

洋子は軽いので正常位から持ち上げるように座位に切り替えて
チンポを深く埋め込みながらおっぱいを楽しみます。

「裕之、、そんなことしたら変になっちゃう」
「もっと変になっても良いよ。もっと気持ちよくなって」

二人とも汗だくで野獣状態で交わっていました。
30分位腰を振っているとボチボチ僕も逝きたくなってきました。

「洋子一緒に逝こうな」「うん。。気持ち良い」
フィニッシュは洋子が僕の腰を抱えるようにしてゴムの中にいっぱい出しました。

精子が出ているドクドクに合わせて洋子の膣もギュっとしまります。

ティッシュでゴムの後片付けをして、洋子の頭を抱いてなでなでしてると

洋子が「あ~あ。。。やっちゃた。今日は両親がいないから
なんとなく襲われるかなって思っていたんだ。
裕之、いつも私のおっぱいと足を見てたでしょう。
こいつ溜まってるな誰が見てもわかるよ。だって目がいつもギラついているもん(笑)」

「そう?僕はチューするまではHすると思ってなかったよ。」
「でもゴム持ってたじゃない。する気だったんでしょ?」

「いやあ、する気だったら3個は持ってくるよ」
「え?まだ出来るの?」

どうやら大学院まで付き合ってた元彼はタンパクやったらしく
5分持てば良い方で1回しかしない人やったらしい。

「じゃあ、まだしたい?」「うん、したい」
可愛いなあと思いながら既にギンギンになってた
僕の分身を生で洋子の膣に突き入れた。

「あ!生で入れちはダメじゃない」「ゴム1個しかなかったのよ」
両方の乳首を両手の指先でつまみながら
ベロを千切れる位に吸いまくって腰は激しくピストンすると
「。。。。。」声にならない洋子。

「ゴム無いからやめる?」「ううん。。。やめないで」
「今日は安全日?」「。。。。わからないの。。」

解らないってのはOKと勝手に判断して
生のHをさんざん楽しんでからいっぱい洋子の中に精子を出しました。

射精の瞬間には洋子が「ああ。。気持ち良い。。。裕之好き」と
ぎゅーっと抱きついてきました。

後日談:
1週間した時にランチを誘ったら御飯を食べ終わった時に
「裕之、先週の事は忘れて欲しいの。真夏の夜の夢って思って」と言われました。

僕は「まだ真夏だから夢は何回も見れるんじゃない?」と言うと
「知らない!」と怒っています。

「2回目の時に中だししたから裕之が帰って2時間位してから
精子が出てきたんだよ両親がいたからヒヤッとした」

まあ、家まで送るわと(この日はバイクだった)
彼女にメットを被せて彼女の家の方向へ走っていくと途中で左折!

「裕之どこに行くの?」僕は黙って運転しながらラブホテルの方へ向かいます。

ラブホテルにバイクで入ってくる客は珍しいのかフロントがわざわざ出てきました。

「バイクどこに置いたらいい?」
「ここにおいてください」
ホテルの駐車場の片隅にバイクを置いて
「洋子、ここからなら歩いても帰れるよ」
洋子は黙って腕を組んでDカップのおっぱいを押しつけてきます。

部屋に入ってからお互いの服を脱がせていきます。
シャワーも浴びずに全裸になったらベッドで抱き合いました。

まずはキスをしてお約束のおっぱい攻撃からクンニ>全身舐め
でもなぜか洋子はフェラチオをしてくれません。
なにか嫌な思い出でも有るのかな?

その日は生で3回して家まで送りました。

洋子からは僕から洋子の家に電話するのは禁止。
あくまで洋子が逢いたくなった時に洋子が僕の家に電話してくる。

という約束をして週に3回会う時も有れば、
僕が忙しくて3週間位会えない時も有りました。

3週間も会えなかった後は、
ラブホテルに入った途端にパンティーだけ脱がせて挿入!
っていうHもありました。

洋子は半年に1回位しか生理が来ない特殊な体質やったみたいで
2年近く付き合いましたが
ずっと生で中田氏してたのに1回も妊娠しませんでした。

僕とは結婚できないと言ってたので
年下の彼女が出来そうと言ったらあっさり別れてくれました。


PAGE TOP