泥酔したノーパンギャルに無許可中出ししたタクシードライバーの体験談【エッチ体験】

こんにちは、私はタクシードライバーの37才の男です。

昨日の事ですが、夜

中、西新宿辺りを徘徊してる時に、

ホスト風の男とギャルっぽい女のカップルに止められました。

ドアを開けると、男は

「あっ、すいません、この住所まで送ってもらえますか?」

とギャルの免許証を渡してきた。

ギャルは酔っぱらっているのか、

ほとんど寝る直前みたいにグダグダで、

何もしゃべらなかった。

男は「5千円で行けますよね!」

と言ってお札を渡され、

「お釣りはいいんで」

と言って帰ってしまった。
住所は目黒だったので、

問題無く出発しました。

ギャルは相変わらず寝てるのか酔っぱらっているのか分からず、

時々独り言みたいにしゃべっていた。

住所のマンションに着いたので、

「お客さん着きましたよ!」

と何回も言ったのだが寝てしまって反応が無い。

仕方なくドアを開けて、

体を揺すって起こしたら

「えー、どこ?、誰?」

みたいな感じで、訳が分かっていなかったので、

適当に話を合わせながら車から降ろすと、

その場に座り込んでしまい、

その時に首元のセーターからおっぱいが見えて、

よく見るとノーブラで乳首まで見えていた。

私は一気に興奮してしまい、

取り敢えず無線で事務所に連絡して、

「泥酔したお客様が収集がつかなくなったので交番に来ています。」

と報告だけして、ギャルを部屋まで送っていく事にした。

ギャルも部屋まで送ってけ!と言っていたので、

カバンから鍵を出そうとすると、

カバンにブラジャーとパンツが雑に詰め込まれていた。

私はこの時に、

『このギャルさっきの男にやられたのか?』と気がついた!

そしてカバンから鍵を探して、

部屋まで行って玄関に入ったら、

ギャルは倒れ込んでしまい、スカートが捲れ上がった。

太ももが露出して、

私も我慢の限界だったので、

ゆっくりとスカート上げると、やっぱりノーパンだった。

そのまま四つん這いの体勢にさせて、

マ◯コを見るとヌルヌルしている。

広げてみると、中から白っぽい液体が出てきたので、

「ひょっとして中出し?」と思い、

取り敢えず写メをいっぱい撮った。

そして、私もベルトを外して、

ギンギンのチ◯ポをバックからぶち込んだ。

簡単に入ってしまうと、ギャルは

「ああああ、なに?、ああああん、ああああ」

と分けも分からず喘いでいた。

私はガンガン突きまくって、そのまま

「中に出すぞ、このヤリマン女、便所女ああああああああ」

と叫びながら思いっきり中出しをしてやった。

ギャルは結構感じていたらしくて、

腰をガクガクさせていた。

最後に顔やアソコの動画も撮って、

携帯の番号とメアドを控えて、そのままにして帰ってきた。

また今度、ゆっくり犯すつもりです。





PAGE TOP