巨乳JKの痴漢体験談【大学生 エッチ体験】

私は19歳の女子大生です

学校に行く途中結構痴漢に狙われますそれというのも私は結構巨乳なのです自分で言うのもなんだけど、

すっごいでかいですだけど持ってる服が胸を強調するのとか、

胸が開いてるやつが多くて、この前キャミにカーディガンを羽織ってたんですけど下はタイトの結構短いのはいてて、

今日もこれは狙われるかなって感じやっぱり早速痴漢さんが 私の巨乳を後ろから揉んできました。

これくらいは馴れているんだけど、キャミだったからかたひものないブラだったからすぐに上にずらされ

直にモミモミされちゃいました…

そしてみいのピンクの小さめの乳首をクリクリしてくるんです

みいは乳首めちゃくちゃ感じるので思わず声が漏れそうになっちゃった…

それでも痴漢さんは後でハァハァ言いながらみいの乳首をつまんだり 引っ張ったりもてあそびます。

そしてお尻の方になんだか硬いものが当たります。

痴漢さんは次にみいのスカートに 手を入れてきましたパンティーの上からなぞなれ

もうビショビショに濡れてたので恥ずかしかったです。

そして手がパンティーの隙間から入ってきてクリちゃんをいじめます

私はもう感じまくちゃって 倒れそうになって後にもたれると痴漢さんのアソコがビンビンに立っていて、

それがお尻に当たってもう我慢できませんでした

痴漢さんは指をお○○こに出し入れしてグチャグチャ音が響いて時々私も声を漏らしてしまって周りに気付かれないかドキドキでした

そうしてるとみいの前のサラリーマン風の20代後半の人が気付いたらしくこっちを向いてどうしようって思ってたらキャミを捲り上げて、

みいのおっぱいをモミモミしはじめました電車の中で巨乳を丸出しにされ、

誰かにみつかったらって思ったら余計に興奮してしまってたまりませんでした

そしてカーディガンで隠しながらおっぱい舐められたり吸われたりみいの小さなピンクの乳首はビンビンに立っていた歯でカリカリされたり

その人はとってもうまかったんですみいも我慢できなくてその人のチャックを下げて触ってあげました…

結構でかかったです

後の人はみいの後ろの穴までいじりだして

「もう入れて」

って言っちゃったんです。

でも結局最後までやらず目的地についたらしく降りていってしまいました私は何回もイッテしまいました・・・

でも最後までしてないので体がほてってたまりません男の人のおち○ち○が欲しくてたまりません

今日も痴漢されたくて待ってるのかも・・・

そして今日もオナニーしてしまう・・・

私ってHなのかな?

この巨乳が悪いのよ!

みいの巨乳をめちゃくちゃにして欲しい誰かみいのおっぱいいじめてください…