姉のパンティーをオカズにしてたことがバレて・・【エッチな体験談】

僕が中3の時の話です。

以前から姉の下着の匂いを嗅ぎながらオナニーしていたのですが、
その日はたまたま運が悪く とうとう、姉に見つかってしまいました。

その時僕はシドロモドロになっていて、
何を言ったか、聞いたか良く覚えていませんが、
姉の顔は笑っていたということは覚えています。

子供の頃の姉はお医者さんゴッコが大好きなおませな人でした。

自分ではわかりませんが友達からはよく
「お前の姉ちゃん、ちょ~カワイイじゃん」
と言われていました。

その日、姉に呼ばれて部屋へ行きました。
実は前から僕が姉の下着でオナニーしていることは知っていたと打ち明けられました。

僕も時々姉の下着を盗んで友達に売っていたことを白状しました。

姉は今までのことは2人だけの秘密にしてくれると言ってくれましたが、
しばらくは姉の命令に従うという約束をしました。

それからというもの、パシリに使われたり、色々と命令されました。

両親は工場を経営していて帰りが遅くなることも多く、
遅くなるという連絡が入ると、姉の部屋に呼び出されて、
僕のオチンチンをいじって大きくなるのを楽しんだり、舐められたりしました。

まるで子供の頃のお医者さんゴッコにタイムトリップしたようでした。

ある日、又呼び出しを受け、
オチンチンをいつものようにいじられてもて遊ばれている時のことです。

「私のも舐めて欲しいな、本当はパンティーなんかよりも、こっちの方が良いんでしょ?」
と言われ、姉のあそこを舐めさせられました。

あそこには白いカスが付いていて、
それがチーズのようなイカのような匂いにおしっこ臭さが混ざった感じで、
姉の脱ぎたてパンティーの染み付いたあそこの部分の匂いよりも
何十倍も濃縮された感じです。

さらに、舐めれば舐めるだけ姉のあそこから
トロトロの液体がにじみ出てきて、
またそれがいやらしい匂いを発するのと、
姉のよがり声で僕はすごく興奮していました。

姉は小刻みに痙攣したと思うと
大きく身体を仰け反らして両足をぴったりと閉じます。
だいたいそれが姉の終了の合図で、そのまま寝てしまうことも多かったです。


PAGE TOP