怖い人達と揉めて仲裁してくれた先輩に彼女を強引に犯された【エロ体験】

俺にはYっていう一緒に住んでいた彼女がいたんだ。

俺が言うのもなんだけど良い女でさ、皆に羨ましがられていたよ。

顔は真鍋かをり似、服屋の店員でお洒落、身長167センチ色白で手足は細く長く、胸は形のいいEカップ。

男なら誰でもやりたいと思うタイプで、他の男から守るのに気を使っていたよ。

ある時、俺が仕事でトラブっちゃって、怖い人たちと揉めたんだけど、そこでOって先輩に話をつけてもらった。

それがケチの付き始めで、謝礼10万で話をつけようと思ったんだけど、Oは

「K(俺)の女を一晩貸せ」

って言い出したんだ。

もちろん、

「それはできません、無理です」

って言った。

脅されたりしたけど頑張った。

でもOは諦めず

「Kがいるならいいだろ?無茶はしないから3Pしようぜ」

って話に。

もうどうにもならず、口外しない事、写真撮らない事、Yが嫌がったらやめる事を条件に渋々OKしてしまった。

運命の日、Oと俺は俺の部屋でビールを飲みながら、Oの持ってきたDVDを見ながら、Yの帰りを待つ事に。

DVDは女優は分からないけど、女教師がまわされるのと、拘束されて拷問されてるようなやつだった。

そこでOのサディズムに気づいていれば間に合ったのかもしれない…午後9時、帰ってきちゃった。

「ただいま~!あ、Oさん来てたんだ~、お久し振りです~」

何も知らない笑顔に、俺の心臓は破けそうだった。

俺達がアダルトDVDを見てる事に気づいたYは、

「やだ~人の家で何見てるんですか~」

まだ笑顔だ。

Oも愛想よく

「Kが見たいって言うからさ、Yちゃんも一緒に見ようよ。勉強勉強!な、K」

俺「…そうだよ、たまには見て見ようよ」

O「な、Kもこう言ってるしさ」

そう言ってYを無理矢理ソファーに座らせた。

Yは俺を見ながら困惑してる様子だった。

画面では拘束された女優が絶叫している…Y「やだこれ…エグすぎない?」

O「Yちゃんもこんな事Kとしないの?」

Y「しないですよ~」

まだ笑っているけど、明らかに困っている。

Oのセクハラ発言は続いた。

「Yちゃんもイク時こんな声出すの?」

「この女優さんよりおっぱい大きそうだよね」

「Kとバイブで遊んだ事あるんだろ?」

…Yは少し怒った顔で俺を見てた。

俺「Oさん、勘弁してくれませんか…」

O「K!お前調子づくな!」

正直びびっちゃって、何も言えなくなった。

少しの沈黙の後、Oは

「オナニーしたくなっちゃったな~」

と言いながら立ち上がってズボンとパンツを下ろして、また座った。

始まるのか…泣きそうだった。

O「Yちゃん、オナニー手伝ってよ」

Y「え…」

O「フェラチオだよ、フェラチオ。Kのチンポにしてんだろ」

Y「何言ってるんですか~、しまってくださいよ~」

必死に笑顔で抵抗するY。

俺は見て見ぬフリをしてしまっていた。

Oの脅し文句が続く。

「しゃぶれないなら仲間呼んで無理矢理まわしてやろうか?Kのチンポしかしゃぶれないなら切り取ってやろうか?」

俺は視線を感じた。

Yが助けを求めてるのだろう。

しかし俺には見る事は出来なかった…

「おらっ!早くしろ!」

Oはそう言うとYの顔を力任せに自分の股間に運んだ。

YはOのモノを口に含んだのだろう。

静かになってしまった。

見るとOはYの頭を掴んで上下に振っていた。

O「気持よくねーよ!K!ちゃんとしゃぶらせろよ!」

俺にふらないでほしかった。

俺は絶望の中で言った。

「Y、ちゃんとしゃぶりなよ」

さすがにYも観念してしまい、じゅぽっ、じゅぽっという音が聞こえ始めた。

Oは好き勝手に喋ってる。

「Yちゃんみたいな可愛い子にしゃぶってもらえて幸せだな~」

「袋も舐めて」

「おっぱい大きくて張りがあるね」

「もっと強く吸って」

「乳首コリコリだよ」

10分くらいだったろうか…俺は絶叫してる女優を眺めてた。

「Yちゃん、出すよ」

悪夢は終わったと思った。

OはYに、自分の精液を手のひらに出すよう命じた。

「うほっ、いっぱい出たな~」

「Yちゃんのフェラ、よかったよ~」

Yに目をやると、真っ赤な目をして呆然としてた。

OはYの手のひらを見て言った。

「じゃ、それ飲んで」

まだ悪夢の始まりだった。

YはOの精液を飲んだ後、泣いていた。

プライドの高い女だったから…乱れた着衣を直そうとするYにOは、

「服脱げよ、ここでストリップしろよ」

と言った。

さすがに俺も

「もう勘弁してください!俺はボコられてもいいですから!」

…土下座して、頼んだ。

O「ふざけるな、K!お前が3Pしようって言うからしてんだ!」

Yは真っ赤な目のまま唖然とした顔で俺を見てた。

俺「ち、違うんだよ…」

O「あー!もういい!しらけた!」

Yはその後トイレに入ったきり出てこない。

Oは俺に、Yちゃんに一言謝ったら帰る、その前にビールを買ってこい、と言った。

トイレのYに声をかけて、近所のコンビニへ向かった。

大急ぎで部屋に戻った俺は、信じられない光景に絶句した。

全裸になったYが、ソファーの上で四つん這いになって、Oに向かって尻を突き出していた。

O「お~おかえり」

Yの秘部を見ながら、ニヤニヤ言った。

俺「何してんすか!約束違いますよ!」

O「勘違いするなよ、YちゃんやっぱりSEXしたいんだって」

Yはソファーに顔を埋めたままで、表情は分からない。

O「Yちゃんこんなに可愛いのに、アナルに毛が生えてるぞ。彼氏なんだから、たまには処理してやれよ」

そう言いながら、OはYのアナルの毛を引っ張った。

後から知ったんだが、OはYに。

「このままだとKはボコボコ、殺すかもしれない。その後ゆっくり仲間で楽しませてもらうよ」

と脅したらしい。

その後、Oの前で俺達はSEXさせられ、YはOにおもちゃでさんざんいたぶられた後、SEXされた。

アナル舐めやパイズリもさせられ、カンチョウされてOの前で排泄し、アナルもやられた。

OはYのマンコからアナルに舌を這わした。

Yはビクンと腰を動かす。

O「K~、Yちゃんてインランなんじゃないの~、気持ちよくって痙攣してるぞ」

Yは恐怖と恥辱のためだろう、離れて見ても分かるほど震えてた。

俺「Oさん、ホントすいません、なんとかなりませんか…」

O「馬鹿野郎!お前が3Pするって言ったんだろ!Yちゃんもしたいって言ってんだよ!」

YはただOに尻を向けたまま震えてる。

O「Kが使えなきゃTでも呼ぶか?」

Yはソファーの上から逃げ出し、座りこんでOに向かって叫んだ。

「やだ!やだぁ!いやぁ!」

O「何でだよ、TもYちゃんとやれるって言えばすっ飛んでくるぜ」

Y「いやぁ…いやぁ…」

Yは涙で顔がぐしゃぐしゃだ。

俺「ちょっといい加減にしてく…」

O「うるせーっ!」

俺は言葉が終わる前に殴られた。

その後、みぞおちに膝をくらい、倒れてしまった。

Y「やめてーっ!!」

Yは半狂乱で叫んでいた。

Oは一転、Yに優しく言った。

「嘘だよ、Yちゃん。Tなんか呼ばないよ。だから俺の言う事聞いて、ね」

Y「……はい…」

O「K!Yちゃんもこう言ってるし、それでいいよな?」

俺「…はい」

正直、Tが来ないだけでホッとしてしまった。

O「さ~てYちゃん。これから何するんだっけ?」

Yはヒクヒク泣きながら言った。

「…Oさんと……セッ…クスします…」

Oは満足そうに笑ってた。

Oはソファーに座り、わざと俺とYが向き合うように、Yを膝の上に乗せた。

後ろから、左手で胸を揉み、右手でマンコを弄りながら、首筋あたりを舐めている。

Yは必死に目を閉じ、口を結んでいる。

O「Yちゃんて顔だけじゃなくて体もいいよな~」

Y「…」

O「今まで何人とセックスした?」

Y「…」

O「答えろよ!」

そう言ってYの胸を力いっぱい握った。

俺はふざけるなと思いながら地蔵になってた。

Y「……4人…です…」

O「嘘だろ!?どう見ても30人はやってるだろう!?」

Y「…本当です…付き合った…人としか…してません…から…」

O「本当かよ~もったいねぇな~」

Oは余計興奮した様子だった。

サディストめ!Oは次々とYに恥ずかしい言葉を無理矢理言わせ続けた。

「Yは今日からヤリマンになります…」

「Yのマンコはガバガバですいません…」

「Oさんのザーメンおいしかったです…」

「OさんとのSEXを想像してオナニーしました…」

「Yのマン汁臭くてすいません…」

少しして、Oはトイレに行った。

脱力してるYにかける声がみつからなかった。

「ごめん…」

Yは俺を恨めしそうに睨みつけて言った。

「何で私こんな事してるの?何でKはあんなに怒鳴られてるの?本当に3Pしたいの?訳分かんないよ…」

Yはまた泣き出した。

Oが戻ってきた。

泣いてるYの顔を掴んでキスした。

いったん離して、舌を出せと命令してディープキスをした。

O「いや~ビール飲みすぎちゃってゲリ便でさ、参っちゃったよ~」

「拭くの忘れちゃってさ、Yちゃん、ウォシュレットしてくれない?」

Yは意味が分からないという感じで呆然としてた。

Yは今まで見た事のない、苦々しい表情でOのアナルを舐めた。

「お~いいね~ついでにチンコもしごいてよ」

もうYは言われるままだ。

俺も、もうこの時には心をなくしていた。

守らなきゃ、ではなくYが可哀想だな、早く終わらないかな、と思ってた。

Yは突然立ち上がり、トイレに走って行った。

多分、吐いてるのだろう。

O「Yちゃん、いいよ~、Kは幸せだよな」

ふざけるな、お前のせいで不幸だ!って言いたかったが、ヘタレで言えるはずもなく。

その後、YはOに指図されて歯を磨き、シャワーを浴びた。

その間、Oは何か俺に言っていたが、よく覚えていない。

Yがシャワーから出てきた。

O「Yちゃん、すっぴんでもいけるね~」

「じゃ、始めようか」

「Kも服脱げよ」

ソファーの上に座った俺に、Yは一心不乱にフェラをしている。

OはYの中を指でかきまぜている。

グチョグチョという音があちこちでしてた。

Yには悪いが、俺はすぐに勃ってしまった。

「俺ちょっと休憩すっからやれよ」

Oはそう言ってビールを飲みだした。

俺は正常位で挿入した。

「ぁん…」

Yは、相手が俺で気を抜いてしまったのか、今まで堪えていた声を出した。

O「あれ~Yちゃん可愛い声だすね~、ダメだよ、我慢しちゃ」

「K、もっと早く腰を振れよ」

俺は腰を振った。

早く終わらせたいのに、イキそうにならない。

「ぁんぁんあん…」

Yは次第に声が大きくなってきた。

ビクビクッ、Yがイってしまった…Oの見てる前で…Oはニヤけながら、

「あれぇ、もうイったの?」

Yは荒い息使いで小さな声で

「ハイ…」

と言った。

Oに言われるまま、バックになって腰を振り続けた。

早くイかなきゃ、と思っているのにイかない。

YはOに胸を揉まれながらフェラしながら、2-3度イった。

ようやくイきそうになり、Yに

「イくよ」

といつものクセで言ってしまった。

O「ここに出せよ」

自分の股間にあるYの頭を指差した。

俺はYの頭に、髪の毛に射精してしまった。

ここから先はプレイには参加してない。

手を曲げた状態で縛られ、目隠しされて暴れるYを、Oに言われるまま押さえつけたり、(その間Oはバイブを突っ込んだり電マあてたりしてたが…)浴室にぶちまけられたYの排泄物を片付けていただけだ。

Yへの懺悔と、俺自身の後悔のため、書き込んだ。

でもYは

「別れたくない」

って言ってくれた。

俺といるとOが狙い続けるから別れてくれ、と頼んだんだ。

良い女だった。

違う土地でやり直したい。


PAGE TOP