彼女の友達が手こきで抜いてくれた【エロ体験談】

彼女と同棲を始め4年が経っていた。

毎日顔を合わす4年は短いようで長い。

信頼や愛情は以前と変わらなくても肉体関係のマンネリは防ぎようもなく、かと言って2人で新境地を開発しようなんて欲もなくなっていた。

自然とセックスレスな日々に陥り、約2年半もの間彼女の敏感な部分に触れる事も無く、逆に触れられる事もなく、単調な生活だけが2人の共通点となっていた。

俺自身、募った欲求を満たす為に浮気や風俗といった行動を起こす事もなく、隠れてオナニーをするのがやっと。

彼女に求めては断られ、その度に険悪な空気になるのを見越しての防衛手段。

でも別れたいとも思わない、そんな日々の中での出来事。

30度を越える真夏のある日、彼女の友人の加世と3人で飲みに行った。

彼女と同じ歳の加世は俺より5つ年上の32歳。

デパートの受付をしているからか、とても30歳を越えているようなようには見えず、上品な顔立ちと雰囲気。

反面普段は男っぽい一面を持っており、その落差が原因なのか男が出来ては別れを繰り返していた。

これまで何度もこの3人で飲みにいってよく遊んでいたのだが、この日は加世が終電を逃してしまい、近くの我が家に泊まりに来た。

その夜は酔っていた事もあり、楽な格好に着がえて3人とも寝てしまった。

翌朝、目が覚めると彼女が仕事に行く準備をしていた。

加世はタバコを吸っていた。

俺はその日は仕事が休みだったので、久々に朝からパチンコでも行こうと思案していた。

彼女は慌しく準備を済ませ、

「じゃあ、後は頼んだから!加世も早く仕事行きなよ!あ、洗濯物入れておいて」

と言って出て行った。

加世は12時から出勤らしく、家を出るまで2時間近くある。

仕方ないから話の相手でもしてやろうとタバコに火を点けた。

寝起きだからかテレビを2人で見入る以外特に会話も無く、20分程経った時に加世が話し掛けてきた。

「Y君さぁ、最近彼女とHしてるの?」

「え?何で?」

「◯◯(彼女)って前の彼氏もその前もエッチさせないのが原因で別れたからさぁ」

「そうなの?・・・それは知らなかったなぁ。うん。最近全然御無沙汰」

「やっぱりね。浮気は?」

「全然。風俗も行ってないし」

「どれくらいしてないの?」

「2年半くらいかなぁ。もう忘れるくらい」

すると彼女はニヤッと笑みを浮かべ、

「じゃあかなーり溜まってるでしょ?」

「毎日自分で発電してるから全然平気!」

と2人で笑った。

内心は誰でもいいからやりたい一心だけど、不思議と目の前の彼女とはよく知っているからか、女というより友達感覚で、その場で押し倒したいとは全く思わなかったし、そんな事を想像すらしなかった。

「じゃあ、こんなの見たら興奮する?」

と言って、加世が穿いていた膝丈のスウェットを太ももの根元辺りまで捲り上げた。

今まで気付かなかったけど、白くほっそりとした加世の足は妙に色っぽく、足フェチな俺はすぐに反応した。

「いや、全然。それくらいじゃ興奮しないよ」

俺は内心とは裏腹に強がった。

全く意識していなかった加世の足に見とれた。

「なーんだ。つまらないの。じゃあこれは」

と、今度は着ていたTシャツの胸元を下にずらし胸元を見せてきた。

そんなに大きくないけど白い胸元が目に飛び込む。

触りたい・・・今すぐ・・・。

「それでも興奮しないなぁ。だって加世は色気ないもん」

ここで押し倒したらやれるのかもと一瞬思ったが、彼女の事を思うと理性がストップをかけた。

加世は5歳下の俺をからかうかのように小さな挑発をしている。

その顔はまるで子供と遊んでいるような。

俺は必死に強がった。

しかし俺のアソコはギンギンになっている。

何もしなくても発射しそうな勢いだ。

「本当?残念。サービスしてあげたのに。じゃ、仕事行くから着がえるね。後ろ向いてて」

「何で?トイレで着がえなよ」

「だって狭いもん。昨日も着がえた時に頭打っちゃったし。見ないでよね」

俺は興奮しながら後ろを向いた。

小心な俺は言われるままに。ガサガサと服を脱いでいく音がテレビの音に混じり聞こえる。

何か損したような感覚。

自分の真面目さに腹が立った。

「もういいよ」

加世の声がしたので振り向くと、そこには下着姿の加世が立っていた。

「どう?これで興奮したでしょ?」

ピンク色の小さなパンティから毛がうっすらと透け、ブラの間から小さな胸が露わになっている。

そのまま加世は座り、三角座りをした。

M字になった股間から大きめのお尻の肉がはみ出して、いやらしい格好で俺の方を見ている。

俺は直視できないまでもチラチラと股間に目をやり、うっすらと濡れているようなシミを発見し興奮した。

もうダメだ。

「おい、さすがにちょっとムラムラするよ。襲っちゃうから早く服着て仕事に行けよ」

ダメだ。

こんな状態ですらまだ強がっているのか俺。

加世は俺の内心を見越してか、足を大きく開いた。

そこからは少し黒ずんだヒダがはみ出している。

すると加世は四つん這いの状態で俺の方に近寄ってきた。

「ねぇ、もう起ってるんでしょ?見せてみなよ」

俺は、勃起を隠す為にあぐらの状態で座っていたがギンギンの状態を隠せるわけなく、

「うん」

そう言って俺は股間を少し突き出して見せた。

「あ?起ってる?!大きそう・・・」

と言って俺の股間を見つめる加世。

マジマジと見ながら加世は言った。

「脱いでよ・・・」

「加世が脱いだら俺も脱ぐよ」

「え・・・」

自分から挑発していながら、加世は困惑気味で俺の目を見た。

加世の女な雰囲気に俺はもう彼女の事など忘れていた。

早く見たい。

触りたい。

やりたい・・・。

「H君が脱いだら脱ぐよ。ホントに・・・」

俺はジャージを脱いだ。トランクスの前はビショビショになっていた。

トランクスも脱ごうと手をかけると、同時に加世の手が俺のアソコを軽く触った。

触れるか触れないか。

焦らしながら上下にさすっている。

俺はただただ加世の手の動きに見を委ね。

小さな快感に酔っていた。

擦る手が早く強くなりゆっくりと手で掴まれ上下し出した。

「はぁ・・」

と声を洩らしてしまうほど気持ちがいい。

加世はトランクスの中に手を這わせ直接俺の息子を握り締めた。

「大きいのね・・・」

加世は人差し指で裏筋をチョロチョロと刺激する。

加世にトランクスを脱がされしっかりと握り締められ、次第に手の動きが速くなった。

逝きそうだ。

「どう?いっちゃう?」

「うん」

「まだダメだよ」

加世はそう言うと俺の手を胸に持っていった。

俺は無我夢中で加世のブラを外し、小さな胸を触った。

乳首を転がすと、

「あぁ・・」

と小さく声を漏らした。

顔を近づけて舌でチョロっと舐めると、加世の様子が豹変した。

「あぁ・・ダメ!エッチな気分になっちゃう!・・・もっとして!」

その声に反応して久々な女の体を味わった。

加世の目はうっとりして俺を見つめている。

俺は加世のアソコに手をやった。

俺のアソコを握っている動きが止まる。

俺はクリトリスを刺激した。

ゆっくりと指を動かすとビクっと加世の体が反応する。

そのまま俺にしなだれかかり

「うぅ・・あぁー!」

と言って肩で息をしている。

「ダメ・・いっちゃったよ・・」

加世がか細い声で言う。

今度はアソコに手を入れようとしたら加世の手が伸びてきた。

「そこはダメ。彼女に悪いし」

「もうここまで来たら一緒じゃん」

「・・・でも」

頑なに加世が拒否する。

止まっていた加世の手が動き出す。

クネクネとしたいやらしい手の動き、手の動きが止まった。

加世の顔が俺のアソコに近付く。

舌で裏筋を執拗に攻める。

加世の口の中に俺のモノがすっぽり納まる。

ぐちゃぐちゃといやらしい音が聞こえる。

髪を振り乱して俺のモノを咥えている。

加世のテクニックは凄い。

加世の咥えながら時折見る視線が快感を倍増させてくれる。

「・・・いっちゃうよ・・・」

俺は言った。

「口の中はダメだからね」

そういって手で激しくしごかれる。

顔を左に傾けながら俺の感じている様子を見ながら加世は笑みを浮かべて、

「逝っていいよ。いっぱい出して」

その言葉と同時に加世の手に放出した。

ドクドクと出ているのが分かる。

これ以上の快感は味わった事がないような。

佳代はティッシュを手に取り丁寧に拭いてくれた。

俺は余韻に浸りながら加世の顔を見ていた。

加世は言った。

「もちろん彼女には内緒だよ。H君、可愛いね。私も逝っちゃった」

そう言って加世は服を着、メイクをして仕事に向かった。

俺は加世の中で逝きたかったが、入れていれば後戻りできなかったのかも知れない。

そんな事はそれ以降なく、今も3人で飲みにいったりしている。

あの日の事は忘れたかのように・・・。


PAGE TOP