妹の口の中にたっぷりと放出するwww

俺の話は、嫁の妹が帰ってきた時の話だ。
つい最近のことなんだが、家を離れていた嫁の妹が、帰ってきていた。この近辺で祭りがあるらしく、それを見るついでに帰ってきたそうだ。
仕事から帰ってきたら、台所に綺麗な女がいて「おかえりー」笑顔で迎えてくれる。妹だ。めちゃくちゃいい女になっている。タレントとかに例えると、りょうとか、小雪とか。
かわいいというよりは綺麗系。俺の好みは、綺麗系。
言い忘れたが、俺は32で、妹は23だ。
もともと綺麗な奴だったんだけど、見ない間にもっと綺麗になっちゃったんだよ。
素直に口に出す俺。

「おい、また綺麗になりやがったな」
「あはは、お土産なんて持ってきてないぞ」

笑顔がまたかわいい。
お土産が無いというのは嘘で、しっかりと芋焼酎を買ってきていた。
しかし俺、芋焼酎は呑めない。

「最初に謝っとく。ごめん」

黒霧島という名前で、手ごろに飲める芋焼酎らしい。
でもあの匂いが苦手で、俺は飲めない。

「そうなんだぁ。残念。兄貴のために買って来たんだけどなぁ」

まて。
飲ませていただきます。苦手ですが。
1杯だけですが。

そんなこんなで、帰ってきたばかりの俺は風呂に入り、
嫁とお話タイム(←日課です)を終え、いざ出陣。
台所で、テレビを見ながら一人で呑んでいる妹発見。

「一人酒かい」

風呂上りで火照った体を台所の扇風機で冷ましながら、妹へと声をかける。
かなり呑んでるみたいだ。黒霧島が半分以下になっている。

「かなりうまいぜ、これ。兄貴は駄目なんだよね?芋焼酎」

一杯だけ、今夜は好き嫌いを無くします。

俺のために買ってきてくれた酒を、俺のコップに注ごうとする俺(ややこしくてすまん)。
すると、

「なんだよ、目の前にいい女が居るだろ。手酌はいかん」

笑いながら、俺のコップに黒霧島を注ぐ妹。
一杯だけなら、何とか耐えられるだろう。
妹が前かがみになったので、胸の谷間を期待したが、そこまで深い襟元じゃなかった。

俺様の無意識ミサイル「視線」、鉄壁に阻まれる。

嫁は子供達を寝かしつけ、一緒に熟睡。
起きて台所ではしゃいでいるのは、俺と妹のみ。
嫁は、俺が晩酌を長く続けることが多いので、時間が遅くなってもあまり気にしない。
しかも、妹と呑んでいるのは俺一人のため、
折角帰ってきた妹をもてなしていると思っていたらしい(←あとでそう言われました)。

いや、むしろ俺がもてなされているわけだが。

酒は進み、一杯だけの黒霧島をクリアし、ノーマル焼酎に戻った俺。
妹はいまだに焼酎を呑み続けている。

普段だと、妹はすぐに部屋に戻ってしまうのだが、
何故かこの時は、俺との話がめちゃめちゃ盛り上がる。

何故か、話はゲーム関係に進む。

しかも、妹の方からふってきた。

「兄貴、バイオハザード4やってるんだって?お姉ちゃんから聞いたけど」

得意分野キタ━━━━━━━━!!!!
俺のもっとも得意とする話題だ。
今更だが、中古で買ったバイオが、俺の今の旬。
…小遣いが少ないんだよ。

で。俺も酔いが回ってきているが、バイオの話で燃料投下!
二人して大盛り上がり。
…話がそれ始めたのは、アシュリーの話になってから。

アシュリーを知らない方の為に、ちょっとだけ説明。
「バイオハザード4」に出てくる女の子で、主人公が救出するべきキャラクターです。
ミニスカートと、おおきな胸が、男性陣の心を掴んで離しません。
俺のチンコも鷲掴み。
年齢は、おそらく16,7じゃないでしょうか。知ってる人居たら教えてください。

で、妹。

「アシュリー、邪魔なんだよね」
「そんなこと無いぞ。かわいいじゃないか」

無駄っぽい、俺のアシュリー援護。

で、二人ともかなり酔ってきているわけだが、俺は常に晩酌を続けているので、
これくらいでは潰れたりしない。
アシュリー談義は続く。

「アシュリーな、実はあいつ、パンツ見えるんだよ」

酔いながら、セクハラ開始。
作戦成功。妹、乗ってきた。

「え?!どうやんの?!。」

事細かに、それこそアシュリーのパンツの柄まで、俺説明。

いい女とのエロ談義。
しかも酒付き。

最高じゃないですか。。。。

「へー…。パンツ見えると、やっぱり嬉しいの?」

。イイ!!
徐々に誘導されている妹、。イイ!!

「そりゃ嬉しいよ。ゲームでも、見えたらそりゃ立つぜ。」
「あほか。…今も立ってんの?」

黄金パターン、成功!。

「今立ってるわけ無いじゃん!。」
「だって、男の人って、想像すると立ったりするんじゃないの?」
「そりゃそんな時もあるけど、必ず立つわけじゃないよ」
「…へー」

空気の流れは俺向き。
酔った頭をハンデに抱え、集中するべきはもはや「エロ」。
妹とどうやってエロいことに持ち込もうかと、それこそ1000手くらい読みまくる俺。
今なら、将棋の初段くらいには勝てそうな気がする。

「立ってるところ、見たい?」

1001手目は、果たしてどう転ぶ?

「あははははは!兄貴、マジですか!。」
「見たいというなら、マジだ。」

…しかし、いい女だよなぁ。本当に。
胸でかい、顔綺麗、エロ談義平気。
俺の好みに的中しまくりですもん。

「どうするよ?今なら、兄貴の兄貴が見られるぞ。」
「何だよ、それ。」

つまらん冗談も交えながら、次第にエロな空気に持ち込む俺。

ここで、煙を欲する妹。

「ちょっとタバコ吸ってくる」

立ち上がる。
…マジかぁ!!これで終了か!!
我が家では、嫁が大のタバコ嫌いなので、吸うときは外へと行かなければ成らない。
次の作戦を立てようと必死に脳みそを回転させていた俺に、妹からのお誘いが。

「兄貴も一緒に来る?」

神が来た!!!

この時ほど、「タバコを吸っていて良かった」と思ったことは無いよ。

「そうだな。酔い覚ましに俺も一服するか」

一緒に外へ出る。
俺の住んでいるところは物凄い田舎で、夜になると、星空が凄く綺麗だ。
そして、「お隣さん」は遠く、喫煙場所からは家の窓明かりが僅かに見えるのみ。
つまり、真っ暗であり、他の人は居ない状態でアリ。

…最高のシチュエーションです。

妹は、持っていたマイルドセブンに火をつける。
いい女の横顔ハァハァ。
タバコが似合う女も最高ですね。

俺も一本、吸った。

約五分の、喫煙タイム。
無言のままだけど、何だか心地がいい。
でも、俺の兄貴は屹立中。
そろそろ本気でいきますか。

と思ったとき。妹から。

「兄貴、ここなら見せても平気ジャン?」

キタ━━━━!!

これは奇跡に近いですが、本当なんです(かびら風に)!
でも暗いので、仮に今パンツをべろーんと下ろしたところで、
妹には見えにくいのでは?

「何だ、見たいのかよ。」
「女だもん、興味あるし」

マジですか。

「でも暗いぜ?ちゃんと見るんだったら、もうちょっと明かりが欲しいよな」

外に出ると、本当に星しか光源が無い。
月すら出てなくて、ほぼ闇の状態。
俺は出すのは平気だが、この状態で「見せる」ということは無理があるのでは…。

「いいよ、ここで」

限界かも。
見たいと言っている女に、これ以上ストップをかけてエロ方向に持っていけない方が勿体無い。
俺、覚悟を決める。

「じゃあ、ほれ」

突然、俺はジャージをパンツごと膝まで下ろす。
…妹が、息を呑むのが分かった。

妹はタバコをまだ吸い、俺はチンコを出したまま。
暗くてよかった。
俺、かなり間抜けな格好でタバコ吸ってる。

「ほら、出したぞ」

正直ね。
妹を前にすると、いつも立ってたのよ。
それくらい、いい女なの。
今夜みたいに、酒を交えて、更に二人きりというのは、かなりの珍しいパターン。
このチャンスを逃して成るものか。

俺の声に、妹が反応する。

「…うん」

急に、俺のチンコに衝撃が。

い も う と が 、 さ わ っ て き ま し た よ 。 な ま で 。

俺、超びっくり。
横に並んだ妹が、俺のチンコを握ったのですよ。
タバコは右手で吸って。チンコは左手で握って。

「お!」

俺はと言えば、突然の感触に驚いたが、次第にあることに気付く。

…俺、立って無いじゃん。
こんな時にどうしたんだ!!兄貴!!!!俺の兄貴!!!!

本気でどうしようかと焦ったんですけどね。
妹の方が上手でしたよ。
ゆっくりと、俺のしなだれた兄貴をしごきだしたんです。

かなり慣れてるみたいで、物凄くうまい。
きゅーっと絞り込みながら、緩急付けて上下にこすられる。

「兄貴、柔らかすぎないか」
「うるさい!これからだこれから(何がだ。)」
「…しょうがないな」

妹がしゃがみこんだのが分かった。
俺のチンコの前に、妹の顔がある。

今まで吸っていたタバコを捨てて、ゆっくりと唇をチンコに近づける妹。

物凄いうまい。気持ち良い。
暗い中で、嫁の妹にふぇらされている俺。

ここまで来ると、すでにあの「チンコ見せろ」はどうでもよくなっている。
何故なら、それの数段上を行く行為に、既に到達しているからである。

次第にチンコの硬さが戻ってくる。
妹の頭が前後するたび、俺の快感指数は上昇しっぱなし。

「…うまいな、お前」
「(口を離して)そうだろう?。」

暗くてよく見えないけど、あのかわいい笑顔で俺を見たと思うと、更に興奮した。

「…そろそろやばいぞ」

俺の限界が近づいてきている。
普段なら、酒で酔っている時は「逝かない」というのが俺の兄貴なんだが、
今回は興奮と快感が射精に近づけているんだろうなと、勝手に推理。

すると、妹が無言で動きを早めてきた。
前後に動く妹の頭。
それを抱え込み、「え?おくちのなかですか?」と焦り半分、喜び半分な俺。
急速に高まる快感と興奮。
一気に放出へと駆け上る。

「…逝くぞっ」

腰を突き出し、妹の喉の奥へ射精。
妹の口の中に、たっぷりと放出する。

あんなに射精したのは、おそらく生まれて初めてかもしれない。
漫画みたいに、「どくんっどくんっ」って出てたんだよ。
妹の口の中に全部出し切ってから、ズルッとチンコを引き抜いた。
妹は無言で立ち上がり、どうやら口元を押さえているらしい。

「吐き出すんなら、出しちゃえよ」

すると、小さな嚥下する音が。

こくん。

口内射精、生出しごっくんコース、ピンサロなら7000円コース。
ごちになります。

器官に入ったのか、けほけほ言いながらむせている様子。
「大丈夫か?」
「…うん、平気みたい」

多分、涙目になりながら返事をした妹。
俺、結婚してなかったらお前と付き合ってたな。
そんなことを自然と考えた。

だらんと垂れたチンコをしまうため、いそいそとジャージを上げる俺。
妹は、またタバコに火を点け、大きく吸い込んで煙を吐いた。
俺もタバコを吸おうと思って探したら、もうタバコが無い。

「悪い、一本くれ」

妹は、無言で今吸い始めたマイルドセブンを俺の唇に持ってきた。
妹の唾液が付いたフィルターが、何故か切なかった。

やべえ。
俺、妹にキュンってなったかも。
やばいよやばいよ。うん。
落ち着こうぜ、俺。

「…さんきゅ」

もらったマイルドセブンをゆっくりと吸い込み、大きく吐く。
不思議と、隣に居る妹が遠くに感じてしまった。
妹は、また新しいタバコに火を点けた。

遠くに居るようで。手が届かなくなりそうで。
怖くなって。

俺は妹を抱き寄せた。

わぁってるんだよ。分かってる。
こうして落ち着いて書いてみると、俺がどっぷりと妹に嵌ったのが分かるんだよ。
でもな。嫁の妹だからさ。手出しはしても、堕ちることは出来ないよね。
うん。

この後は、

「何で抱きつくの!」
「知るかぼけ!」

と、俺の照れ隠しと意味不明な行動がエロ空気を消し去り、
どういう流れでそうなったのかは覚えてないけど、二人で笑いながら家の中に戻りました。

妹は二日後に自分の家に戻り、あの夜のことは二人だけの秘密になりました。
そして俺はと言えば。

ああそうさ!!妹に嵌ってどうしようもないさ!!!。

あー、とんでもない兄貴だ。


PAGE TOP