入院中に看護婦さんの手コキの練習台になったエロ体験【エッチ体験】

10年前の高校2年の夏休み中、持病の喘息の病状を調べるために検査をする事になって2週間の入院した。

病院には、俺より10歳年上で「涼子姉さん」と呼んでいる幼馴染の看護師がいて、入院中は担当になる事になった。

涼子姉さんは俺が幼稚園に通っている時からの知り合いで、お互いに住んでいる家が隣同士でよく一緒に遊んだりしていたのでたまに姉弟と間違えられたりしていた。

涼子姉さんが看護学校に通っている間など会えない時期があったが卒業後に俺が通う病院に就職して会うようになった。

入院中は病室に空きがないというのもあったらしいが

「深夜に喘息の発作が起きると他の入院患者に迷惑がかかる」

という事で個室に入り、入院をして最初のうちは検査ばかりだったが入院をして初めての土曜日の午前中に涼子姉さんが部屋に来て

「T君(俺)、恥ずかしいと思うけど正直に言ってね」

と言い、俺が

「どうしたの?」

と聞くと小さい声で

「オナニーをした事ある?」

と聞いてきて、俺は言葉に困ったが正直に

「した事ある」

と答えた。

すると涼子姉さんは

「看護学生の詩織さんは知っているよね。詩織さんの看護実習の練習台になってほしいの」

と言った。

俺は練習台の意味が分からず、

「練習台って・・・どんな事をするの?」

と聞くと

「事故とかで動けない入院患者の身体を拭いてて・・・あの・・・オチンチンが大きくなった時に・・・手で精子を出すの・・・その練習をさせてほしくて・・・説明のために私が一緒にいるから」

と言い、俺を相手にて手コキの練習をしたいというのが分かった。

詩織さんは確か俺より2歳年上で、病院内で何度か会った事があるし”詩織さんならしてもらってもいい”と思って

「練習台になっていいよ」

と言ってこの日の午後にする事になった。

午後1時半ごろ、タオルを数枚持った詩織さんと涼子姉さんが部屋に来て詩織さんが

「T君、今日はよろしくね」

と行ってパジャマのズボンとトランクスをゆっくりと脱がせてくれた。

俺は恥ずかしくてチンチンを隠したかったが涼子姉さんが詩織さんに

「ゆっくりでいいから触ってみて」

と言って詩織さんが俺のチンチンを触り始めたために隠す事ができず、チンチンが大きくなり始めると

「大きくなったらこういうふうに・・・」

と説明して、そのうちに俺のチンチンは完全に勃起状態になった。

完全に勃起しても詩織さんは手コキを続け、少しすると俺はいきそうになって

「ア・・・アノ・・・」

と言ったが俺は我慢できずにいってしまい、精子が俺の身体にかかってしまった。

(パジャマの上着はボタンを外して前を開けていた)

俺がいった時、詩織さんはビックリしたようだが涼子さんが

「拭いてあげないと」

と言うと詩織さんが精子のついた拭き始め、チンチンは勃起がおさまりつつあった。

詩織さんがチンチンの周辺を拭き始めるとそれが刺激になってチンチンが大きくなり始め、完全に勃起すると詩織さんが

「大きくなっちゃった・・・」

と言って涼子姉さんが

「T君・・・すごい元気・・・詩織さん、今度は1人でしてみて。見ててあげるから」

と言い、涼子姉さんは様子を見るだけで詩織さんは手コキを始めた。

2回目の手コキは1回目よりも長持ちしたように思うがいきそうになって

「いきそう」

と言うと詩織さんはタオルで精子を受けようとしたが受けきれずに身体に精子かかってしまい、拭き取ってからトランクスとズボンを着る事になった。

俺がトランクスとズボンを着た後、涼子姉さんが

「やってみてどうだった?」

と感想を聞き、詩織さんは「思ったより大きかったし・・・今日は2回もできるとは思わなかったけど・・・経験できてよかった」

と言い、俺は「恥ずかしかったけど・・・気持ちよかった」

と言うと涼子姉さんは

「後でまた来るね」

と言って詩織さんと一緒に部屋を出た。

数時間後、俺が夕食を食べ終わった後に涼子姉さんが私服のTシャツにミニスカートの姿で部屋に来て

「T君、今日はありがとう。何かしてもらいたい事はない?」

と言ったが俺は何も思いつかず、

「してもらいたい事って・・・思い付かない」

と言うと涼子姉さんは

「だったら少しお話しようか」

と言って話をする事になった。

話をしているうちに俺の小さい頃の話になり、

「T君は私と一緒にお風呂へ入った事を覚えているの?」と聞き、

「覚えてる・・・楽しみだった」

と言うと

「甘えるフリをして私のオッパイを触ったでしょ」

と言った。

俺は

「小さい時の事だから許して」

と言いながら”涼子姉さんのオッパイを触ってみたい”と思い、少しして

「あの・・・涼子姉さん・・・オッパイを触っていい?」

と聞いた。

涼子姉さんは

「オッパイを触りたいの?」

と聞き、

「オッパイの話をしたら触りたくなった」

と言うと涼子姉さんは少し考えて

「T君だったら触っていいよ」

と言ってTシャツを着た状態でオッパイを触らせてくれた。

(この時はブラをした状態だった)

俺が涼子姉さんの胸を触っているとブラの肩ヒモのところにあるプラスチックが気になり、涼子姉さんが

「ちょっと待って」

と言い、俺が胸を触るのをやめると涼子姉さんはTシャツを着たままブラを外してまたTシャツの上から胸を触らせてくれた。

(涼子姉さんは着痩せをするのか思ったより胸が大きかった)

俺が涼子姉さんの胸を触っている途中、涼子姉さんが

「T君・・・元気だったね」

と言いながら俺のチンチンの周辺をつつき始め、俺が

「触るとまた大きくなるかも」

と言うと涼子姉さんはズボンの上からチンチンを触り始め、少しするとチンチンが大きくなり始めた。

涼子姉さんは俺のチンチンが大きくなり始めた事に気付くと

「楽になろうね」

と言って俺のズボンとトランクスを脱がして手コキを始め、少ししていきそうになって

「いきそう」

と言うと涼子姉さんは

「我慢しなくていいよ」

と言いながら精子が俺の身体の方向に飛ぶように調整をして、俺がいくと涼子姉さんはティッシュで精子を拭き取り、俺がオランクすとズボンを着ると涼子姉さんは

「私でよかったらしてあげるからね」

と言って部屋から出ていった。

それから数日後の夕方、涼子姉さんは仕事が終わってから来たのか私服のTシャツにミニスカートの姿で部屋に来て

「T君、してあげようか?」

と言い、俺は

「ウン」

と答えてズボンとトランクスを脱ぐと涼子姉さんは俺のチンチンを触り始め、少しすると涼子姉さんが

「オッパイ・・・触っていいよ」

と言い、俺がTシャツの上から胸を触ると感触でノーブラというのが分かった。

少しして俺が

「オッパイ・・・直接触りたい」

と言うと涼子姉さんは

「言うと思った・・・触っていいよ」

と言って手コキをしながら片手でTシャツをたくし上げて胸を直接触れるようにしてくれた。

(このごとになると俺のチンチンは完全に勃起の状態になっていた)

俺が涼子姉さんの胸を直接触り始めて少しすると詩織さんがタオルを持って部屋に来て俺とRさんの状況を見てビックリした表情をして、俺もビックリして言葉に困っていると涼子姉さんがTシャツを下ろして詩織さんに説明をした。

涼子姉さんが説明をすると詩織さんは

「分かりました」

と言い、涼子姉さんに

「実は・・・」

と小さい声で何か話して、話が終わると涼子姉さんが俺に

「T君、詩織さんが練習をしたいんだって。続きは詩織さんにしてもらおうか」

と言い、俺は

「ウン」

と言って詩織さんに手コキの続きをしてもらう事になった。

詩織さんが手コキを始めて少しして俺は涼子姉さんの胸を触りたくて涼子姉さんに小さい声で

「アノ・・・オッパイ・・・触りたい」

と言うと涼子姉さんは詩織さんに

「T君が・・・いいかな?」

と言いながら胸を手で押さえると詩織さんは

「ハイ」

と言い、涼子姉さんはTシャツをたくし上げて直接触らせてくれた。

俺は事前に涼子姉さんが手コキをしていたせいかすぐにいきそうになって

「いきそう」

と言うと詩織さんは精子が俺の身体の方向に飛ぶように調整をした。

俺がいって詩織さんが身体についた精子を拭き取ると涼子姉さんが詩織さんに

「特別な事を教えてあげる」

といって俺のチンチンを触り始め、チンチンが大きくなり始めると涼子姉さんはチンチンを舐め始め、完全に勃起の状態になるとチンチンをくわえてフェラを始めた。

俺はフェラの経験はこの時が初めてで、気持ちよくて身動きが出くずに

「ア・・・ン・・・」

と声を漏らし、いく直前に

「いきそう」

と言うのがやっとだった。

涼子さんは俺が

「いきそう」と言ってもフェラを続けて俺は我慢できずにいってしまい、涼子姉さんは口から精子がこぼれ落ちないようにしながら俺のチンチンを口から出し、少し苦しそうな表情をしたが少しして

「T君・・・2回目なのにいっぱい出たね」

と言いながら俺のチンチンをタオルで拭き、俺が

「ア・・・アノ・・・いっぱい出たって・・・」

と言うと涼子姉さんは

「飲んじゃった・・・この事は3人だけの秘密」

と言い、俺がトランクスとズボンを着ると涼子姉さんは詩織さんに

「また今度教えてあげる」

と言って部屋から出ていった。

その数日後の夜、涼子姉さんと詩織さんが部屋に来て

「練習させてあげてね」

と言い、ズボンとトランクスを脱ぐと詩織さんがチンチンを触り始め、この時に涼子姉さんが

「T君・・・オッパイ・・・触ってみる?」

と言い、

「ウン」

と言うとTシャツをたくし上げて直接触らせてくれた。

(涼子姉さんはノーブラだった)

俺のチンチンが完全に勃起すると詩織さんがチンチンに顔を近づけ、少し舐めてからチンチンをくわえてゆっくりとフェラを始め、少しすると涼子姉さんが小さい声で

「乳首・・・舐めてみる?」

と言い、俺が

「ウン」

と言うと涼子姉さんは身体の位置を変えて乳首を舐めさせてくれた。

俺が涼子姉さんの乳首を舐め始めても、詩織さんはフェラを続けていた。

俺はいきそうになって涼子姉さんの乳首を舐めるのをやめて「いきそう」と言ったが、詩織さんはフェラを続けて俺は我慢できずにいってしまった。

詩織さんは前に涼子姉さんがしたように口から精子がこぼれ落ちないようにしながら俺のチンチンを口から出し、少し苦しそうな表情をしたあとに

「T君・・・すごくいっぱい出たから飲むのが大変」

と言い、俺のチンチンを拭いてトランクスとズボンを着ると詩織さんは

「この事は内緒ね」

と言って涼子姉さんと詩織さんは部屋から出ていった。

その次の日、俺は検査が終了して退院が決まり、退院をしてからは受験勉強などで忙しくなって高校を卒業してからは他県への大学へ進学したために引っ越したために涼子姉さんと詩織さんとは会う機会がなくなり、俺が大学2年の年に母親から涼子姉さんが結婚したと聞いた。

大学を卒業して実家へ戻ると涼子姉さんは旦那の仕事の関係で他県に引っ越していて、久しぶりに通っていた病院へ行くと詩織さんと会えず、当時は主任だった看護師長に話をすると

「詩織さんは病院を辞めて介護士の仕事をしている」

との事だった。