美人な友達のお母さんのオナニーをのぞいてしまった【盗撮・覗き エッチ体験】

小6の頃、友達の家に泊まった時に夜中起きてトイレに行こうとしたんだが、

リビングの灯りのスイッチがどこか分からなかったので暗いままトイレに向かった。

そしたらトイレのドアの下の方にある排気口みたいな所から灯りが漏れてたので、

誰か入ってるのか?電気の消し忘れか?と思い、何の気なしにその排気口から覗いたら、

左手で服の中に手を入れ胸を触りながら、右手でクリ辺りを激しく擦ってオナニーしてる友達の母親がいた。

洋式便所だったので毛しか見えなかったが、当時30代後半くらい?で眼鏡を掛けた柴崎コウ似の美人だけど、

普段は気の強そうな厳しそうな怖そうなおばさんというイメージだったので、

息を殺しながら、たまに「・・・あっ」と声を漏らしてアヘ顔してたのは興奮した。

いつからやってたのか知らないが5分くらい覗いてる間に2回逝って、

2回目終わった後に少し余韻に浸って満足したのか手をトイレットペーパーで拭きだしたので

やばいと思って友達の部屋へダッシュで逃げた。

トイレから出る音がしたので、すぐトイレに行ったんだけど、エロイ匂いとか痕跡とかは芳香剤の匂いに紛れて特になかった。

小6だったがすでにオナニーは覚えてたのでそこで一発抜いた。

朝起きた時にそのお母さんが朝ご飯作ってくれたけど、普段通りの怖そうな感じだった。

あの時の俺にもう少し行動力があったら寝室までスネークしたり、使用済みパンツとか探したりしたのになぁ。