同じ職場のチャラい男にクンニされてイッた話【エッチ体験】

以前勤めていた職場先での話なんですが、飲み会がありました。

でも私、お酒弱いから飲み会に行ってもほとんど飲まないんです。

その時の飲み会は、バイトさんか派遣さんの送別会か何かで、割と早い時間に始まって、早い時間に終わったんです。

22時半とか、それくらいだったと思います。

で、みんなでバラけて帰ろうとしたら、後輩の男の子に声を掛けられました。

その男の子は私より3つくらい年下で、数ヶ月前に職場に入ってきました。

特に美形ってわけじゃないんですが、ワイルドなルックスをしてて、道でスレ違ったら女の子の目を惹くタイプです。

ケミストリーの川畑くんを、もっとスリムにしたような感じで、職場でも取引先でも女性には人気がありました。

人気ついでに、あちこちで女の子を摘み食いしてるって噂でしたけど。

私は、見るからに遊んでいる人はノーサンキューなので、特に彼には興味ありませんでした。

で、飲み会が解散になって、帰りかけたところに、その子が声をかけてきたんです。

「先輩、この後予定あります?」

「家に帰るだけだけど…?」

「俺、ちょっと飲み足りないんで、付き合ってくれませんか?」

飲み会をした店は私の家からちょっと遠かったけど、徒歩圏内だったし、その日は金曜だったので、少しくらい遅くなってもいいかなって思って、気楽に

「いいよー」

って答えちゃったんですよねえ…。

これが間違いの始まり。

「でも私お酒飲めないよ?」

「ちょっと相談したい事もあるんで、適当に飲み物買って、そこの公園に行きましょうよ」

途中のコンビニで、彼は自分用に缶チューハイを、私にはお茶を買ってくれました。

(公園での立ち話なら、すぐ済むよねえ。相談って勤務シフトの事かなぁ)

なんて、気楽に考えながら、私は公園のベンチに腰を下ろしました。

「で、相談ってなに?」

「まぁまぁ、そんな焦らないで下さいよ。はい、かんぱーい」

(やっぱり何となく軽い子だなあ。んー得意じゃないかも)

でも先輩として、自分の好き嫌いを表に出すわけにはいきません。

しばらく当たり障りのない雑談みたいなのをしながら、飲み続ける彼。

3缶ほど買っていた缶チューハイは、順調に消化されていきます。

「お酒、強いんだね」

「そうでもないっすよ。もう酔ってます。」

「酔うほど飲んだら相談聞けないよ?」

「いや、大丈夫っす。つうか、酔って勢いつけないと、できない相談なんで」

「よくわからないんだけど???」

「相談つうか、質問つうか…先輩、彼氏いるんすか?」

唐突な質問だったので、お茶吹きました。

お笑いコント並みに。

「ぶふーっ…君、いきなり話飛ぶねぇ」

「ははは、つうか、それが本題だったりして」

「本題って、相談の?」

「そうっすよー」

「何それ。よく分かんない」

「で、彼氏いるんすか?」

「いないけど…」

「ほんとっすか?」

「嘘ついても仕方ないじゃん。私モテないし」

「そんな事ないっすよー。俺、この仕事入ってから、先輩の事ずっと気になってたよ」

「先輩をからかうもんじゃありません」

「からかってないっすよー。先輩、いっつも明るくて俺いいなぁってずっと思ってたもん」

そういう事を酔っ払ってサラっという人間は信用できません。

と思ったけど口にはしませんでした。

一応私の方が先輩だし、大人なので。

「あれー?反応冷たいなあ」

「他にどういえばいいのよ?」

「私も気になってたのーとか言わないの?」

「ウソはつけない主義なの」

「ちぇー、つまんないなあ。ガード固いっすね」

「固いわけじゃないけど、緩くもないだけ」

「そういうとこも気になるんだよね」

そう言うと、彼は私の隣に座って顔を覗き込んできました。

私、ほんとモテなくて、それまでに付き合った人って1人だけでした。

ただでさえ男の人の扱いに慣れてないのに、いくら気のない相手とはいえ、そこそこのルックスの人に至近距離でじっと目を見つめられたら、緊張してドキドキしてしまいます…。

「目逸らさないでよ」

「こんな近くでじっと見ないで」

「どうして?」

私が全部答える前に、彼は私の頬を押さえ込んでいきなりキスしてきました。

「んっ…」

唐突すぎてビックリしたけど、何故か拒めませんでした…。

彼は何秒間か軽く唇を合わせただけで、すぐに離しました。

「へへ、先輩の唇いただき」

「いきなり何すんのっ」

「キスしたかったから」

したかったから、って…酔った勢いなのか、それも作戦のうちなのか、オクテの私は動揺するばかりで、何が何やらパニくるばかりです。

「からかわないで」

「からかってないって。本気だよ」

と言うか言わないかのタイミングで、彼がまた唇を合わせてきます。

今度は軽く吸うように。

下半身の力が抜けそうです。

まったくシラフなのに、私の方が酔っ払いみたいです。

私は慌てて顔を離すと、ベンチから立ち上がりました。

「からかうのやめて」

「本気だって言ったじゃない」

彼が私を後ろから抱きしめます。

どうしよう、こういうの慣れてないのに。

「先輩、怖がらないでよ。俺の事嫌い?」

耳元で囁くように言う彼。

「嫌いとかじゃなくて…」

こんな展開を想像した事もなかった私は、もう、どうしていいか分かりません。

「じゃあ好き?」

「そんな…突然言われたって分からない」

と言うのが精一杯でした。

「これから好きになってよ。俺が好きにさせるから」

「随分自信あるのね」

「試してみれば分かるよ」

「試すって…?」

「先輩、まさか処女じゃないでしょ?」

「だったらどうなの?」

「えっ、マジで?」

「違うわよ」

「なーんだ、じゃ、いいじゃん」

じゃ、いいじゃん、って…これが性格なのか、酔っているからなのか分かりませんが、この軽さにムカついたのは事実です。

「酔った勢いでそういう事言うの、やめてくれる?」

「だって、酔っ払うくらいしないと言えないじゃん」

「酔っ払って言われても、嬉しくないんですけど」

「じゃ、酔い覚ましてから言うから、もうちょっと待ってよ。先輩さぁ、何でそんなに固いの?もっと気楽にしなよ」

「固いのは性格なの」

「そうやって強がるところも好みなんだよね」

また耳元で囁く彼。

この時点で私は完全に彼の術中に嵌っていました。

「じゃ、もう一回キスしようよ。今日はそれで諦めるから」

私は何も答えませんでした。

彼は私を振り向かせると、ゆっくり唇を押しつけて、すっと離した…と思ったら、

「どうしてもダメ?」

と言うが早いか、猛烈なディープキス。

「これでも?」

私が口を開こうとすると、またキスで唇を塞がれます。

「先輩、お願い、しようよ」

と言いながら、何度も繰り返しキスをする彼。

下半身どころか、全身の力が抜けてきて、立っていられなくなった私は、いつの間にか腕を彼の首に巻きつけていました。

この時点で、ほぼ私の負けです。

「もう1回だけって言ったのに…今日は諦めるって言ったじゃない…」

「キスしたら、諦められなくなっちゃった」

キスの嵐は、唇から顎、そして首に移ってきます。

「もう止めて…人に見られたら恥ずかしいよ」

「じゃ、人に見られないところに行こう?」

「え…?」

「もう電車なくなっちゃったし、先輩の家に泊めてよ」

「まだ23時半よ。終電あるわよ」

「途中まではね。でも俺んちに帰る電車がない」

「そんなの、私の責任じゃないわ」

「先輩のせいだよ」

「勝手な事言わないでよ」

「ねぇ、先輩の家に泊めてよ。いいでしょ?」

この辺りで、彼の身勝手さと軽さに先ほどのムカつきがブリ返してきました。

何てったって私、シラフですから。

そもそも、軽い男の人は好きじゃないのです。

「良いわけないでしょ。帰りなさい」

「だって、俺帰れないし、まだ酔い覚めないしさあ」

「自分で何とかすれば?じゃあね」

しばらく押し問答したあと、私は歩き始めました。

「せんぱーい、待ってよー」

「付いて来ないで」

「だってー俺、行くとこないしさ」

自転車だったら振り切れたかもしれませんが、よりによって徒歩。

結局、彼は家までついて来たのでした。

玄関の鍵を回し、無言でドアを開ける私。

「お邪魔しまーす」

何も言ってないのに、ずかずか上がってくる彼。

ここまで来たら仕方ありません。

「とりあえず屋根は提供するけど、始発が動く時間には帰ってよ」

「はいはい、おっかない顔しないで飲み直そうよ」

「私お酒飲まないからストックないけど?」

「飲むのは酒じゃないよ」

「えっ?」

「先輩の、俺に飲ませてよ…」

そう言って、いきなり私を抱きすくめる彼。

「いつもそうやって女の子口説くの?」

「人聞き悪い事言わないでよ」

「酔っ払いにしては慣れ過ぎてる」

「不慣れよりいいじゃん?」

とか何とか言いながら、ベッドに倒れ込みます。

「何すんのよ」

「何って決まってんじゃん」

「始発までは居てもいいって言ったけど、あなたと寝るとは言ってないわよ」

「何言ってんのー。今やらないで、いつやるんだよ」

「知らない」

「先輩、ノリ悪いねえ」

「文句言うなら帰って」

「はいはい、分かりましたよ」

彼は意外とあっけなく引き下がりました。

「じゃ俺はこれで」

「えっ?」

「機嫌悪くさせたみたいだし、俺帰るわ」

「でも電車なくて帰れないんでしょ?」

「適当に朝まで時間潰すから。じゃね」

彼は勝手に押しかけてきて、勝手に帰っていきました…。

なんなの?なんなの?

つくづく勝手な奴。

まーいいや、帰ってくれたなら。

あーもーなんだったのよ。

だから酔っ払いって嫌い。

さっさとお風呂入って寝よ。

シャワーを浴びたら、ムカついた気分も結構スッキリしました。

お風呂上りにお茶を飲みながら、パラパラ雑誌を捲って、いつもの調子に戻ってきたところに。

“ピンポーン”

はあ?

夜中に何で玄関のベルが鳴るわけ?

とりあえず無視。

ピンポーン。

しつこいなあ。

トントントン。

夜中に人の家のドア叩くな。

「はい?」

仕方なく、ドア越しに声を掛けてみました。

「先輩、おれおれ。開けてよ」

…やっぱり…。

「帰ったんじゃなかったの?」

「ここらへん、時間潰す場所ないんだもん。戻ってきちゃった。やっぱ泊めて」

全く勝手な奴。

そう思いながら、ドアを開けてしまう私はバカなやつです…。

「いやーまいったね。カラオケボックスもないじゃん」

コンビニの袋を持って、またズカズカ上がりこむ彼。

「あるにはあるけど、分かりにくい場所にあるからね。なんなら地図書いてあげるけど?」

「今さらいいよ。もう泊めてもらう事に決めたし」

「良いって言ってないけど?」

「まーまー、そうトゲトゲしないでよ。おやつ買ってきたから食べよw」

私、お酒が飲めないので、甘いものに目がないんです。

彼は、コンビニでデザートを調達してきてくれました。

「わーありがとー」

デザート一個で、すっかり懐柔される私。

ええ、子供です…。

「俺も飲み直しー」

彼は、自分用のビールと缶チューハイを買ってきていました。

甘い物を食べて機嫌が良くなった私と、飲み直して調子づいてきた彼。

どうでもいいような話をダラダラ続けているうちに、いい加減眠くなってきます。

「先輩、眠いでしょ?」

時計を見たら、3時過ぎくらいだったと思います。

「うーん、さすがに眠くなってきた」

「俺もー」

「このまま床で寝てくれる?」

「えー布団がいいよー」

「贅沢言わないの」

「一緒に寝ようよー」

「ただ寝るだけじゃ済まなくなりそうだもの」

「何もしないからさぁ」

酔っていようがいまいが、男の人の

「何もしない」

ほど信用できないものはありません。

それくらい男性経験の少ない私にだって分かります。

「ベッドもらいー」

「ちょっと、勝手に上がらないでよ!ベッドで寝たいならシャワー浴びてからにして」

私、高熱が出た時以外は、シャワー浴びないで寝た事ない人なんです。

寝る前は、必ずシャワーかお風呂に入らないと嫌なんですよ。

「じゃ、シャワー貸してよ」

墓穴…なんでこうなるの…はぁ。

この展開は、やっぱりあぁなるしかないのかなぁ…いいのかなぁ…。

彼がシャワーしている間に、私はすっかり目が覚めてしまいました。

挙句、考えるの面倒くさくなってきて、ふて寝です。

「あれー先輩、寝ちゃったのー?」

彼が部屋に戻ってきましたが、返事をせずに寝たふり。

「ほんとに寝ちゃった?」

私は答えませんでした。

なんとなく、私の様子を伺っている気配です。

ぱちん、と部屋の電気を消した彼が、私の隣にするっと入ってきました。

心臓がバクバクしてます…こんなんじゃ寝てないの絶対バレちゃう…彼は、何も言わないで、じっと横たわっていました。

私は緊張と興奮で息が詰まりそうで、呼吸を整えるのに必死でした。

時間にしたら、ほんの2,3分だったかもしれませんが、それが10分にも20分にも感じた気がします。

心臓が喉から飛び出しそうです。

あー窒息しちゃう。

もうダメ。

思い切り息を吐き出そうと思った瞬間、彼の手が私の唇に触れました。

ビクっと身体が反応してしまいました…何も言わずに、親指でゆっくりゆっくり私の唇をなぞる彼。

それだけなのに、私の呼吸が少しずつ荒くなります。

今度は息を押し殺すのに必死です。

やがて、唇をなぞっていた彼の親指が、唇を割って中に入ってきました。

その指が私の舌に触れます。

愛撫するように舌を撫でる指を、条件反射で思わず舐めてしまいました…。

「やっぱり起きてたんだ…?」

ゆっくり身体を起こして、私の顔を両手で包み込む彼。

「俺、本気になっちゃったからね…」

額から眉間、頬、鼻、顎…顔中にキスをしてきます。

でも唇は合わせません。

「やめて…」

「やだ、やめない。先輩、俺のモノになってよ」

「いや」

「これでもいや?」

押し付けられた唇の間から、素早く彼の舌が入ってきます。

絡み合い、擦り合う舌は何とも淫靡で、思わず声が漏れてしまいました。

「はぁっ…」

「ねえ、いやなの?」

彼の唇が、私の唇から顎、首へと下りてきて、パジャマの下から侵入してきた左手は、おへその周りを撫でています。

「あっ…」

そうこうするうちに、彼の右手は器用に私のパジャマのボタンを外していて、上半身が露わになってしまいました。

私、凄い貧乳なので、胸を見られるのが一番恥ずかしいんです。

「恥ずかしいから見ないで…」

「暗くて見えてないから大丈夫w」

とか言いながら、私の小さい乳首に吸い付く彼。

「ぁんっ…」

「先輩、やっぱ感度いいんだ…もう立ってるよ」

「そんな事言わないで…恥ずかしいよ…」

私の言う事なんかお構いなしに、彼は口と指で交互に両方の乳首を攻めます。

「ぁぁんっ…」

「先輩の声、可愛いね…もっと聞かせてよ」

そう言うと彼は片手を伸ばして、私のあそこに触れました。

「うわ…すご…ぐちょぐちょじゃん」

指先で、割れ目をネットリ弄る彼。

「あっ…」

「先輩って、こんなにエッチだったんだ?」

「ちが…う…」

「もっと見せてよ」

彼は私の両足の間に入ると、足首を掴んで膝を肩のあたりに押し付けました。

まるで赤ちゃんのおむつ替えみたいな格好です。

「ひっ…やめてっ…こんな格好いやあ…」

「ほら、先輩、見える?先輩のここ、凄いよ」

彼は私のあそこを覗き込んでいたかと思うと、顔を近づけて下からべろんと舐めました。

「ぁああっ」

「凄い…溢れてくる…」

膝を立てた私の足の間に顔を埋めて、ペロペロとクンニする彼。

「先輩、気持ちいい?」

「んっ…ああっ…もうやめて…」

彼は、時折ヒラヒラを吸いながら、流れてくる液を掬うように小刻みに舌を震わせて舐め続けます。

「お願い…やめて…もう…だめ…」

「気持ちいいんでしょ?イっちゃいなよ、ほら」

喘ぐ私の声に触発されたように、ますます彼の舌の動きが早くなります。

「はぁ、はぁ、あっあっあっ」

私は膣奥から押し寄せてくる波に耐え切れなくなって、腰を浮かせて両足を突っ張りました。

「いやぁ、やめて、逝く、逝っちゃう、ああああっ」

恥ずかしい声を上げて、私はあっけなく逝ってしまったのでした…。

オナニーでイった事は何度もあったけど、クンニでイったのは、これが初めての経験でした。


PAGE TOP