同じ職場の先輩とやったときの事を書かせてもらうわ【エッチな体験談】

俺は1年目、

佐野さんは6、7年目だが異動してきたばかり。

雰囲気的には、

あそこまで巨乳じゃないけど

滝沢乃南みたいなちょっと樽が入ったかわいい感じ。

俺は同じ寮(男女混合)だったので、

よく一緒に帰ったりもしてた。

ムネはでかかったけど俺はあまり肉のついてる子は苦手だったので、

いい先輩と思ってる程度だった。

俺はイケメンではないが母性本能をくすぐるタイプで、

後から聞くと先輩はどストライクだったらしい。

ある時に会社の呑みでベロベロに酔っ払って一緒に帰った。

その頃は彼女はいたけど遠距離でしばらくやってなかったし、呑みの後で男だけで風俗に行く話しも出てたけど無くなって、頭の中はエロエロモードになってた。

酔った振りして佐野さんにもたれながらエロトークしながら帰ってたが、寮に着く前にめちゃやりたくなってきた。
そこで酔ってるくせに「寮の部屋まで送りますよ~」と叫んで強引に佐野さんの部屋まで送っていった。

普段は男女別フロアで男子禁制なんだけど、酔っている勢いで強引に行った。

そして部屋まで着くと足がもつれたようにソファーに倒れこんで、そのまま寝た振りをした。

佐野さんは困った様子で何とか起こそうとしていたが、俺はピクリとも動かず寝息まで立てていた。

さすがにそのままにしておけないから、佐野さんはずっと俺のそばにいて揺すったり声かけたりしていた。

20分くらいしてから、俺は寝ぼけた振りして寝返り打ったときに佐野さんの上から覆いかぶさって抱きしめた。

好きだよ、好きだよとつぶやきながらキスしてると、佐野さんも最初は抵抗してたがそのうち受け入れ始めた。

俺はさらに耳を舐めたり首筋にキスしたりすると、佐野さんはだんだん興奮してきたのか、鼻息が荒くなってきたのがわかった。

佐野さんは入社1年目に大学からの彼氏と別れてからは付き合ってなく、ちょっと飢えてたところはあったんだと思う。

服の上から胸を触ろうとしたが、ここはさすがに触らせてくれない。

そこで逆の手で一気にパンツの中に手を突っ込んだ。

佐野さんはびっくりして足を閉じようとしたが、俺は体を足の間に入れていたのであっさり突入。

するともう既にトロトロ、パンツもびしょびしょになって、おツユが尻や太ももの方まで来ていた。

俺は一気に指2本でかき回すとあんあん喘ぎだした。

佐野さんもさすがに周りの部屋に聞こえるとまずいと思ったのか、片手で口を押さえていたがその姿がまた興奮した。

俺も既にガチガチに勃起してたので、ズボンだけ脱いでそのまま挿入。

やめて、とか言ってたけど挿れて激しくピストンしたらもう抵抗してこなかった。

とりあえず一度目は正常位でそのままフィニッシュ。

二回目からはもう寝ぼけた振りも何もないのでフェラしてもらったが、今までの経験人数は2人らしくほとんどやり方がわからない様子。

だから俺はいちから教えてやって、フェラは愛情が一番出るからさおとアナルを交互にねっとり舐め回すように教えた。

佐野さんも俺に彼女がいるのは知ってたから、それからは週二くらいでセフレとして調教した。

知識もあまりなかったみたいで、こういうのが普通といってAV見せて顔射とかアナルとかバイブとかやりたい放題。

一緒に休日出勤して会議室でやったり営業車でやったりもした。

一年くらい関係は続いたけど、彼女が知らない男と結婚、それからしばらくして俺が転勤になって関係は終わった。
結婚式に出たときは興奮したなー。

俺が仕込んだテクニックに旦那はびっくりしたやろな。


PAGE TOP