ちやほやされて育ったバカ女を淫乱雌豚肉便器に調教【調教 エッチ体験】

十年以上前の話になるが、俺は同じ会社のOLのナツキと 付き合っていた。

ナツキは今の女で言うと、フィギュアスケートの浅田姉妹 の姉の方に良く似たなかなかの美人だった。

「夏の姫」と書いてナツキと読むのだが、その名前から想 像できるように、親にチヤホヤされて育った高慢ちきなク ソバカ女だった。

しかし相手の男が好みだと自分から言い寄るらしく、俺に もナツキの方から誘いをかけてきた。

俺は他に数人の女と付き合っていたが、性欲処理用の便所 女としてキープしておくのも悪くないと思って、すぐにオ マンコする関係になった。

ナツキと初めてハメた時のことは、十年以上前のことの割 にはよく覚えている。

ホテルの部屋に入るとすぐにナツキを抱き寄せて、ブチュ ブチュベロベロといやらしいディープキスをしてやった。

そんでチンボが立ってきたので、服を脱いで靴下だけ履い たまま素っ裸のチンボ丸出しになって、ナツキにズルムケ デカマラチンボを見せつけてやった。

ナツキは「すっごいチンボ…」と絶句して、目を丸くして 俺のデカマラチンボに見入っていた。

そしてシャワーを浴びてベッドに戻ってから、ベッドの上 で仁王立ちになって「チンボ舐めろチンボ」と言って、ナ ツキの鼻の穴にチンボをグイッと押し付けてやった。

ナツキは「ふう~っ」といやらしげな鼻息を吐いて俺のチ ンボをしゃぶり始めた。

そして「ブッ!ブッ!ブベッ!ブリッ!」って感じで汚ら しい音を立ててバキュームフェラをしてきた。

あっという間に俺のチンボはビンビンにそそり立って、長 さ22センチ、太さ5センチのスーパーデカマラナイスチ ンボに成長していた。

ナツキは完全にボッキした俺のチンボを見て「ふふっ、燃 えるチンボだね」などとほざいた。

俺は「なんなんだあ~、このバカ女わあ~」と思えてき て、最初の一発目からフィニッシュは顔面シャワーして、 バカ女の鼻の穴にくっせえチンボの汁を思いっきりぶちま けてやることにした。

俺はナツキをベッドに寝かせて、足を持ち上げてマン汁を 吸い尽くすようにマンコを舐め回して軽く一回いかせて やった。

それから俺は「へっへへ、チンボビンビンだぜ」とか言い ながら、お待ちかねのデカマラチンボをナツキの腐れマン コにズボッ!とぶち込んでやった。

そんでブッチョブッチョとディープキスをしながらマッハ ピストンして、ナツキをヒイヒイよがらせてやった。 「どうよ俺のチンボは?最高のチンボだろ、俺のチンボ? こんなデカマラとオマンコできて幸せだろ?」と聞くと、 ナツキは「あなたチンボウよぉ~」などと訳の分からない ことを言って悶えまくっていた。

俺も「うっうっ、チンボチンボ」などと口走って、腰を左 右にクネクネ振ってデカマラチンボをナツキのマンコの中 でブルンブルンと暴れ回させてやった。

ナツキは「いやあああ!チンボ気持ちいい!オマンコして オマンコイグ!」などと叫んで、一人で勝手に絶頂に達し てしまった。

それからナツキを四つんばいにしてバックから必殺のマッ ハピストンでドスバスに犯しまくって、立て続けに二回い かせてやった。

「ヴェェェッ!イグゥゥゥーッ!」と泣き叫んでいるナツ キにかまわず、「ドドドドドッ!」て感じで腰をナツキの 尻に打ち付けて、ものすごい音を立てて超マッハピストン して何べんもいかせてやった。

そんで射精しそうになるとチンボをマンコから抜いて、ナ ツキを仰向けにして、完全にくたばったナツキの鼻先でチ ンボをしごき始めた。

俺はぐっと腰を落として相撲の四股踏みのポーズになって チンボをしごいて、「ンガッ!フガッ!」と鼻を鳴らし て、ナツキの鼻の穴にめがけてものすごい勢いでものすご い量のチンボの汁をぶっ放してやった。

チンボの先から「ズジョォォォーッ!ジョ シュゥゥゥーッ!」って感じで次々と白いチンボの汁が飛 び出して、狙いどうりナツキの鼻の穴にチンボの汁が「ズ ボボボボーッ!」と飛び込んでいった。

鼻の穴にチンボの汁が命中した瞬間、ナツキは「グヘハ ガッ!」などとケダモノじみた叫び声を上げた。

俺は容赦せずに鼻の穴に集中的に顔射して、ナツキの鼻の 下を濃度100%の特濃ザーメンで真っ白のドロドロにし て、バカ女にふさわしいバカヅラに変えてやった。

俺がチンボの汁を出し尽くすと、ナツキは両方の鼻の穴か ら太いうどんのようなチンボの汁ををダラダラ垂らして、 白目をむいて頭をブルブル震わせながらキチガイのように なって、「ああああ、ズゴイー、ズゴイー」などと呻いて 身悶えしていた。

俺は仁王立ちになって、両方の鼻の穴から薄汚いチンボの 汁をダラダラ垂らしたバカ女のクソマヌケなアホヅラ見下 ろしながら、「トロい女ぁ~」とののしってやった。

そんで鼻汁を垂らしたままのナツキにチンボをしゃぶらせ てやった。

「ふっふふ、どうだったナツキちゃん?鼻の穴にチンボの 汁をぶっ放された気分は?モロに鼻の穴にチンボの汁が飛 び込んじゃったけど。どんな気持ち?どんな気分?」と聞 くと、ナツキは鼻から精子を垂らしながら「ふう~っ、ナ イスチンボだったわ」などと言いやがった。

「正真正銘のエロボケだな、このクソアマ」と俺は思っ た。

そんでベッドの上で四つんばいになって「ケツの穴舐めろ や」と言って、ナツキにケツの穴を思う存分ねぶらせて やった。

ナツキは既に肛門舐めの経験が有るらしく、自ら積極的に ケツの穴に舌を挿し込んできて、頭を前後に激しく振って ケツの穴に舌をズボズボ入れたり出したりして舐め回して いた。

「今どこ舐めてるの?」と聞くと「ケツの穴よぉ~肛門 よぉ~」というナイスな答えが返ってきた。

俺は興奮して、思わず鼻の穴をフガフガ鳴らして、「チン ボ!チンボ!ケツの穴ぁぁぁーっ!」などと叫んでしまっ た。

そんでチンボがビンビンになると、ナツキをマングリ返し にしてチンボをぶち込んで、マンコにチンボが入っている ところを見せつけながらズボズボピストンして、フィニッ シュはまた鼻の穴に大量のチンボの汁をぶっかけて、鼻の 穴を両方ともチンボの汁で完全にふさいで窒息させてやっ た。

ナツキは「ハガガア~!ハガガア~!」などと訳の分から ない言葉を呻いて悶絶してしまった。

俺はナツキの鼻の穴にチンボをグイグイ押し付けてブタ鼻 にしてやったり、チンボをほっぺたにビタビタと叩きつけ てチンボビンタをして、更に屈辱的な気分を味合わせて やった。

そんで「うらっ!」とか言ってナツキの顔にケツをブ チャッ!と押し付けて、ウンコ座りの体勢でケツの穴を たっぷり舐めさせてやった。

それから一発出す度にチンボがボッキするまでケツの穴を 舐めさせて、合計四発もオマンコしてやった。

ナツキは十数回も絶頂に達して、俺は四発ともナツキの鼻 の穴に顔面発射を決めてやった。

ナツキは完全に俺のデカマラチンボとハードなテクニック にメロメロになってしまって、都合のいい便所女に成り下 がってしまった。

それからはハメ撮りもOKさせて、オマンコするたびに便 所女の腐れマンコや顔射した後のクソマヌケなハナタレヅ ラをカメラやビデオでバッチリ撮影してやった。

ケツの穴をねぶらせている時に目の前で屁もこいて、鬼の ように臭い屁の匂いをしこたま嗅がせてやった。 更に顔にめがけてションベンもぶっかけて、鼻の穴から ションベンを飲み込む屈辱を味合わせてやった。

そんで完全なる征服の証として、ナツキの両方の鼻の穴に タバコを挿し込んで「ふふふふ!バカな女ぁ~!」などと 鼻で笑いながら、親に甘やかされて育った鼻持ちならない バカ女の、最高に無様な鼻タバコヅラも撮影してやった。

こうして俺は自分自身のチンボの力で、世間知らずのくせ にプライドだけは高い生意気なバカ女を、完全に屈服させ てやったのだった。

そして俺と付き合いだしてから一年ぐらい後に、ナツキは 親の勧めた見合い相手と結婚して会社を辞めてしまった。

結婚後はしばらく連絡を取らなかったが、半年ぐらい経っ てからナツキの方から連絡してきた。

再会後すぐにホテルに連れ込んで、初めてハメた時のよう に靴下だけ履いたままチンボ丸出しになって、デカマラチ ンボをブラブラさせながら「俺のチンボが忘れられなかっ たんだろ?旦那のチンボだけじゃ満足できないんだろ?」 と聞くと、目を潤ませながらうなずいてチンボにしゃぶり ついてきた。

そしてナツキが夢にまで見て想い焦がれていたと言うデカ マラチンボをマンコにぶち込んで、グチョグチョにハメま くってやった。

俺は「もう二度と離れられないんだからな」などと言いな がら、ナツキの鼻の下までズペズペと舐め回し、鼻の穴に 舌をズボズボ挿し込んでやった。

ナツキは目を白黒させて「フンフンフンフン!」と鼻声で 泣きわめいていた。

更に俺はナツキの鼻の穴に両方とも指をブスッ!と突っ込 んで、鼻の穴を指でズブズブほじくり回してフガフガ言わ せながら、チンボでマンコを犯しまくってやった。

そんでフィニッシュは当然のように顔面発射して、鼻の穴 からチンボの汁を飲み込ませて、半年振りに俺のチンボの 汁の味を思い出させてやった。

更にケツの穴を舐めさせて顔にめがけて屁をこき、風呂場 でションベンも飲ませて、たくましいオスの味と匂いをも う一度ナツキの体中に染み込ませてやった。

それから二年近く関係を続けて、思う存分人妻のスケベマ ンコにデカマラチンボをハメまくってやった。

しかしナツキに子供ができてからは、流石に出産と子育て に追われて忙しくなったのか、プッツリと連絡は途絶えて しまった。

若い頃はイケイケのバカ女だったナツキも、今ではいい年 のオバハンになっただろうが、俺は今でもナツキのハナタ レヅラや鼻タバコヅラの写真を見ると、残酷な笑いが腹の 底からこみ上げてくるのだ。