入れあげてた風俗嬢が中出しを許してくれた【エッチな体験談】

もう何年も前の事。

割りと入れあげてた娘のいた新宿の某ヘルスに通ってた。

今は本番当たり前として名が通っている同店が、まだマトモだった時の話です。

何度も指名していた事もあり、親密になりつつあったN嬢と、地下への階段降りて行く途中で、遊びの終わった客がコンパニオンと腕組んで上がって来た。

俺らは壁際に寄ってやり過ごす。

んで、個室でシャワー使ってベッドでゴロリと横になったらN嬢がしばらく添い寝。

か細い声で

「さっき階段ですれ違った男の人、以前は私のお馴染みさんだったんだ。なんか他の子と遊んでるの知っちゃうと、やっぱり寂しいもんだねー…」

とポツリ。

「俺はそんな事しないよ」

と言うと

「ありがと」

の一言。

フェラ始めてイザ普段通りのプレイかと思いきや、

「・…して…」

と言われて頭の中パニック。

生フェラが売りで、スキンも常備してない店だからそのまま合体。

隣の部屋に気配を気付かれないよう、自分で口を塞いで堪えてるその姿に興奮しまくり。

抜いて外に出そうとしたら

「いいの、そのまま…」

という事で…成り行きとはいえどうしよう、とビビっていたら、彼女の方から

「ゴメンね。怒った?」

と潤んだ目で聞かれ、何も言えなかったわさ。

彼女としては色々複雑な心境だったんだろうが、俺にしても何となく懐かしい出来事。

その数週間後に彼女は辞めていた。


PAGE TOP